【ワイルドサイド・インドツアー1】南インドのコインバトールに来ています。

突然ですが、ナマステ。インド3日目の朝、ホテルのラウンジにいます。

 

4日の午前に成田を発って8時間かけてデリーに到着し、夜はツアーメンバーのご友人さん(WHOで働く看護スタッフさん)と合流してディナーを楽しんで就寝。

昨日5日は北インドから南インドへと大移動を果たしまして、現在はコインバトールのホテルに滞在しております。

そんなこんなで旅行3日目。朝のラウンジからブログをお送りしています。日本との時差は3時間半。日本ではお昼くらいですね。

本当はもっと実況中継な感じで細かくブログ記事をアップしたろうと思っていたのですが、インドは予想以上に通信環境がよろしくなく、書いたは良いもののアップロードを断念した記事が数件あります。旬を過ぎた記事に価値無しと判断して、ようやく安定した通信環境を手にした現在、改めてここまでの道のりを記した次第です。

 

さて、インド。覚悟していたよりも遥かに快適です。

賢者舎の今井先生が数カ月前にインドで散々な目にあったらしく、「インドはやめとけ〜死ぬぞ〜」と散々脅しをかけて来た結果、僕を含めたインド初体験メンバーは恐怖に打ちひしがれてしまっていたのですが、いざ来てみればなんてこと無いな、って感じです。

インド2回目のメンバーに言われた言葉でなるほどなと思ったものがあって、「13億人が生存できている土地がそんなに危ないわけないでしょ」とのこと。言われてみれば、全くその通りでございます。

 

人の言葉の影響、先入観というものはこれほどまでに恐ろしいものか、と改めて感じています。

旅に限らず、たとえばビジネスとかにおいても、人は未体験のものを過度に恐れるわけで。そのバイアスの影響は常日頃から自覚して、じょうずに差し引きながら生きていきたいものですね。

自分の「初体験」は、別の誰かにとっては、「なんてこと無い日常」だったりするわけですから。

 

それはともかくとして、特にデリー初日のディナーは素晴らしく、「カリフラワーのツボ焼き」のまろやかさは当分忘れられそうにありません。ウェイターさんにお願いして特別マイルドな味付けをお願いしたという前提はありつつも、「ただ辛いだけ」と想像していた印料理さまに謝罪したい気持ちでいっぱいです。

 

今日は10時にホテルを発って、チャーターしたバスで、紅茶の名産地「ウーティ」なる場所に移動です。

今回は、昨年のタイツアーに比較して頻繁に移動します。タイの時は確か、8泊で結局ホテルを2回変えただけでしたが、今回のインドツアーはタイ同様の8泊で、5回もホテルが変わります。

ホテルを変える心的コストが意外と来るというか、単純に荷物を店開きしたりまとめたり、の繰り返しが地味にしんどいというか。そんな感じです。

 

今井先生曰く、「インドは3日目に悪夢が来る」とのことでしたが、何とかメンバー全員、健康な身体で3日目を迎えられそうです。

では、引き続き旅行を楽しんでいきたいと思います。

 

PS.

ちなみに、きちんと仕事もしていますよ!今朝はホテルのラウンジで島田さんと話す中で、近々行うプロモーションのアイデアをもらうことができました。

昨年のタイ旅行の際、「旅しながらビジネスを創るライフスタイルって良いよね」という感じの主張をした気がしますが、今回の旅でも、非日常の良さを存分に味わっています。

 

ホテルのラウンジにて。セールスライターの小野さん(右)。

コインバトール

 

 

 

===================

数年前まで僕 伊藤は、鉄鋼会社に勤める生産管理エンジニアでした。

従業員数でいえば、国内企業TOP50に入る、それなりに大きい会社。
上司も同僚も良い人ばかりで、仕事も規模が大きい、やりがいある(はずの)ものでした。

でもなぜか、第一希望で入った会社に僕はなじめなくて・・・

一瞬 転職も考えたのですが、その頃すでに妻と娘がいたこともあって、
「気晴らし」でガス抜きしながら会社にとどまる道を選びました。

ガス抜きの趣味として、「商売」はじめました

僕の実家は福島県で自営業をいとなんでいます。

僕は小さい頃から店を手伝って、商売に接してきました。

だから、「自分は商売と相性が良いのではなかろうか?」
そう短絡的に考えて、会社に内緒で副業に手を出したのです。

「ヤフオク!」で部屋の不要品を売りさばくところからはじめて、
いくつかのビジネスを転々と経験・・・

いろいろ途中経過をはしょって結果だけを述べてしまうと、
僕は趣味で始めたビジネスによって、独立起業を果たすことができたのでした。

「オンライン教育ビジネス」という仕事

 

 

 

 

 

 

いま、僕は時間と場所に縛られることのない、
穏やかな暮らしを送ることができています。

もちろん、苦労もそれなりにありますが、
会社員の時にくらべて、ストレスが大幅に減ったことは確かです。

毎日自分と向き合いながら、味わいながら生きることができています。

朝起きる時間をその日の気分で決められたり(といっても自己管理は不可欠です)、
通勤の必要がなくなったり(たまに満員電車に乗ると、本当にうんざりします)、
付き合う人をある程度選べるというだけでも、

生活の質というのは相当にあがるのだということを、
僕は独立してから、しみじみと実感しています。

時間の自由がきくようになったことで、
毎朝娘を幼稚園に送っていったり、
平日に家族で出かけたりもできるようになりました。
家族にも喜んでもらえています。

僕は今、「オンライン教育ビジネス」という仕事をしています。
忙しいあなたもゼロから出来る、やりがいと発展性があるビジネスです。

基本的にはPC1台さえあれば、どこでも仕事ができます。
時間や場所の束縛はかなり緩いので、
毎日喫茶店で仕事をして、気が向いた時に武蔵関公園でリフレッシュをしています。

ビジネスって、面白いんです。

僕は今の仕事を、たいへんに気に入っています。

それは時間的・精神的に自由だからというだけではなく、
単純に、やりがいと価値があるお仕事だからです。

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

・同僚の価値観に、何年経っても馴染めないと感じたことは?
・会社の仕事に意欲がわかない自分が嫌いになったことは?
・もっと手応えのある、やりがいある仕事に憧れる?
・転職しても、会社員でいる限り状況は変わらないと思っている?
・もう結婚して家庭があるので、いまさら人生は変えられないと思っている?

もしあなたが上記の悩みのひとつにでも共感したのなら・・・

あなたには、ビジネスの「才能」が眠っています

…と僕が言ったなら、あなたは信じてくれるでしょうか?

実は、あなたが思い悩む原因となっているあなた独自の性格と気質は、
「甘え」のひとことで片付けられるものではなく、
「稀有な才能」である可能性が非常に高いのです。

その才能は「優れている」「劣っている」という軸のうえで議論できるものではなく、
「どうしようもないサガ」としか言いようが無いものです。

このマイナーな資質を持つ人の多くは、
自分の才能や可能性に気付くことなく、
道に迷い、思い悩んでいます。

あなたには、あなたに適した独自のライフスタイルがあります。
僕は自身の経験から、確信をもって断言します。

だから、もしよろしければ・・・

あなたの”正体”を確かめる旅

に出てみませんか?

…「旅」といっても、あなたは自宅から一歩も出る必要はありません。

ここに、もともと会社員やSEだった、僕や僕の知人たちが
実際にゼロから起業した経緯やストーリーをまとめた無料のメール講座があります。

登録してくれた方には特別なプレゼントもご用意しています。
すでに家庭があっても、会社で忙しくて時間がなくても。
人生はいつだって、路線変更OKです。

僕は人生を変えることができました。だから、あなたにも、できます。
講座の中であなたにお会いできることを楽しみにしています。

時間と場所に縛られない、あなたに最適なライフスタイルに興味がある方は

ここをクリックしてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 勘司

練馬区は武蔵関で、セールスコピーライターやプロモーターをしてご飯を食べています。
ゼロからセールスライターを超える長期企画「GIANT STEPS」運営中。

もともとは千葉の鉄鋼会社で生産管理エンジニアをしていましたが、副業で始めたビジネスで独立しました。

好きなものは、静かで落ち着いたところ全般。ソファーのある喫茶店とか鎌倉の報国寺とか、たまりませんね。最近は座禅とか瞑想とかにも興味あり。

苦手なものは、高いビルがある風景とか人混みとか。あと運動全般。「フットサルやろうぜ!」って声を掛けられると、いつも申し訳なさそうな顔をしてやり過ごします。