ワイルドサイド・インドツアーの段取り大詰め&教育における「試練」と「身体性」

9月のワイルドサイド・インドツアーの段取りが大詰めを迎えています。

ネットで見つけたトラベルコンシェルジュさんとメールでこまめにやりとりしながらインドの観光ルートを提案してもらって、航空券とホテルを手配してもらったところです。

 

今回の旅では、デリー入りしてすぐに南インドのコインバトールに飛び、そこから有名(らしい)ニルギリ山岳鉄道でウーティまで移動して、その後マイソールでゆっくりしてからまたデリーに戻り、ハリドワールでガンジス川を眺めて日本に戻ってくる、というルートになりそうです。

昨年暮れのワイルドサイド・タイツアーでは、決まった予定をたてずに現地をぶらついたり、気まぐれに店に飛び込んだり、トゥクトゥクにすし詰めになった移動時間が楽しかったので、今回のインド旅行でもそのあたりを重視しています。

基本的に、現地につくまで具体的な観光地は決めすぎず、フリーに散策する時間を多めにとったり、休憩日を設けたりしています。ツアーカレンダーは、移動時間を除いてほとんど真っ白。現地での運命の出会いに期待しています。

幹事の僕からして旅慣れていないので、こんな行程で大丈夫かなあと思いつつも、そこは日本語ガイドさんを付けて、細かいところは現地で対応してもらおうと思っています。

 

そんなわけで、今はコンシェルジュさんに質問しながら、「手札」=現地の観光場所の候補、を増やしているところです。インドに発つ前に手札をいくつか揃えておいて、現地でのメンバーの体調や気分によって切るカードを決めようと思っています。

インドという神秘の土地で一体何が起こるのか、実に楽しみです。

 

さて、話は変わって、昨日開催したセミナーの話。

ついさっき、昨日のセミナースライドを参加者の皆さんにSNS経由で渡すとともにメッセージのやりとりをしていたのですが、そこで印象的だったのが、今回のセミナーに参加してくれた皆さんが「しっかり学んでくれている」という感触です。

というのも、返ってくる文章の中に、特に印象的だったセミナーの内容や、学びになったポイントが具体的に記述してあるのです。これというのはセミナーの内容がきちんと頭に入っていて、血肉になっているという証左です。とても嬉しく思います。

 

驚くべきは、今回のセミナーは「無料」であったということです。マーチャントクラブコミュニティ内部限定の、という但し書きはあるものの、少なくとも参加者の体感としては、今回のイベントは「無料」であるはずです。

僕の基本的な認識として、無料のコンテンツで学べること・受け取れる範囲には限界があると思っています。しかし、今回のセミナーの参加者は、無料のセミナーにも関わらず、きちんと学んでくれている。

些細なことに聞こえるかもしれませんが、これまでセミナー講師を務めてきた僕からすると、これは大変な発見です。

何故かといえば、セミナーというのは、手軽に学べる形式ですが、同時に「受けただけで学んだ気になれる」形式でもあるからです。

 

もちろん講師としては常に「何かを持ち帰ってもらいたい」という思いを持ちながら講義をさせてもらっているわけですが、その願いが届くことは、実はそんなに多くありません。

学校の授業を思い返してもらえれば、講義という形式の限界を実感として思い出してもらえるはずです。例えば我々は「英語」の講義を3年から6年、人によってはさらなる長期の期間、受けて育っているわけですが、

翻って、教育の結果として英語スピーカー、いや、リーダーとしてすら、まともなスキルを持つに至る人間はほとんどいない、という事実があります。

これというのは、英語教育に費やした時間とエネルギーを顧みれば、狂気としか思えないような効率の悪さなわけで。つまり講義という形式には、こうした限界が伴うのです。

 

そしてだからこそ僕は「投資」というものを重視していて、要は「金を払うという痛みを伴ってはじめて、人は本当に学ぶ注意力を得られる」と信じていたわけですが、

しかし、今回の無料セミナーの参加者は、きちんと何かを持ち帰ってくれているわけで。その「学習効果」は、時間対効果で言えば著しく高いことは間違いありません。これは講師として鼻を高くしたいから主張しているわけではなく、純粋な疑問として気になる「異常データ」です。

 

そこで今さっきまで、「なぜ、今回のセミナー参加者の学習効果は高かったのか」と考えていたのですが、思いあたったのが「試練」と「身体性」です。

「試練」とは、その場に参加するまでに設けられたハードル。

「身体性」とは、参加者にとってのリアリティです。

ここからこの2要素について説明しようと思ったのですが、記事が長くなったので、今日はここまで。次回の記事で、改めて説明させてもらおうかと。

 

PS.

googleスプレッドシートにツアー行程をまとめる時間に、このうえない幸福を感じます。

ワイルドサイド・インドツアー

===================

数年前まで僕 伊藤は、鉄鋼会社に勤める生産管理エンジニアでした。

従業員数でいえば、国内企業TOP50に入る、それなりに大きい会社。
上司も同僚も良い人ばかりで、仕事も規模が大きい、やりがいある(はずの)ものでした。

でもなぜか、第一希望で入った会社に僕はなじめなくて・・・

一瞬 転職も考えたのですが、その頃すでに妻と娘がいたこともあって、
「気晴らし」でガス抜きしながら会社にとどまる道を選びました。

ガス抜きの趣味として、「商売」はじめました

僕の実家は福島県で自営業をいとなんでいます。

僕は小さい頃から店を手伝って、商売に接してきました。

だから、「自分は商売と相性が良いのではなかろうか?」
そう短絡的に考えて、会社に内緒で副業に手を出したのです。

「ヤフオク!」で部屋の不要品を売りさばくところからはじめて、
いくつかのビジネスを転々と経験・・・

いろいろ途中経過をはしょって結果だけを述べてしまうと、
僕は趣味で始めたビジネスによって、独立起業を果たすことができたのでした。

「オンライン教育ビジネス」という仕事

 

 

 

 

 

 

いま、僕は時間と場所に縛られることのない、
穏やかな暮らしを送ることができています。

もちろん、苦労もそれなりにありますが、
会社員の時にくらべて、ストレスが大幅に減ったことは確かです。

毎日自分と向き合いながら、味わいながら生きることができています。

朝起きる時間をその日の気分で決められたり(といっても自己管理は不可欠です)、
通勤の必要がなくなったり(たまに満員電車に乗ると、本当にうんざりします)、
付き合う人をある程度選べるというだけでも、

生活の質というのは相当にあがるのだということを、
僕は独立してから、しみじみと実感しています。

時間の自由がきくようになったことで、
毎朝娘を幼稚園に送っていったり、
平日に家族で出かけたりもできるようになりました。
家族にも喜んでもらえています。

僕は今、「オンライン教育ビジネス」という仕事をしています。
忙しいあなたもゼロから出来る、やりがいと発展性があるビジネスです。

基本的にはPC1台さえあれば、どこでも仕事ができます。
時間や場所の束縛はかなり緩いので、
毎日喫茶店で仕事をして、気が向いた時に武蔵関公園でリフレッシュをしています。

ビジネスって、面白いんです。

僕は今の仕事を、たいへんに気に入っています。

それは時間的・精神的に自由だからというだけではなく、
単純に、やりがいと価値があるお仕事だからです。

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

・同僚の価値観に、何年経っても馴染めないと感じたことは?
・会社の仕事に意欲がわかない自分が嫌いになったことは?
・もっと手応えのある、やりがいある仕事に憧れる?
・転職しても、会社員でいる限り状況は変わらないと思っている?
・もう結婚して家庭があるので、いまさら人生は変えられないと思っている?

もしあなたが上記の悩みのひとつにでも共感したのなら・・・

あなたには、ビジネスの「才能」が眠っています

…と僕が言ったなら、あなたは信じてくれるでしょうか?

実は、あなたが思い悩む原因となっているあなた独自の性格と気質は、
「甘え」のひとことで片付けられるものではなく、
「稀有な才能」である可能性が非常に高いのです。

その才能は「優れている」「劣っている」という軸のうえで議論できるものではなく、
「どうしようもないサガ」としか言いようが無いものです。

このマイナーな資質を持つ人の多くは、
自分の才能や可能性に気付くことなく、
道に迷い、思い悩んでいます。

あなたには、あなたに適した独自のライフスタイルがあります。
僕は自身の経験から、確信をもって断言します。

だから、もしよろしければ・・・

あなたの”正体”を確かめる旅

に出てみませんか?

…「旅」といっても、あなたは自宅から一歩も出る必要はありません。

ここに、もともと会社員やSEだった、僕や僕の知人たちが
実際にゼロから起業した経緯やストーリーをまとめた無料のメール講座があります。

登録してくれた方には特別なプレゼントもご用意しています。
すでに家庭があっても、会社で忙しくて時間がなくても。
人生はいつだって、路線変更OKです。

僕は人生を変えることができました。だから、あなたにも、できます。
講座の中であなたにお会いできることを楽しみにしています。

時間と場所に縛られない、あなたに最適なライフスタイルに興味がある方は

ここをクリックしてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 勘司

練馬区は武蔵関で、セールスコピーライターやプロモーターをしてご飯を食べています。
ゼロからセールスライターを超える長期企画「GIANT STEPS」運営中。

もともとは千葉の鉄鋼会社で生産管理エンジニアをしていましたが、副業で始めたビジネスで独立しました。

好きなものは、静かで落ち着いたところ全般。ソファーのある喫茶店とか鎌倉の報国寺とか、たまりませんね。最近は座禅とか瞑想とかにも興味あり。

苦手なものは、高いビルがある風景とか人混みとか。あと運動全般。「フットサルやろうぜ!」って声を掛けられると、いつも申し訳なさそうな顔をしてやり過ごします。