教育ビジネスにおけるミラーニューロンのネガティブな作用を抑制する方法。

昨日の午後、妻の実家がある宮城に妻と子供を迎えに行って(妻と子供はここ3週間ほど帰省していたのです)、お世話になったお礼を義両親に伝えて一泊させてもらった後、今日の午後にまた武蔵関に一家揃って帰ってきました。

3週間ぶりに家に賑やかさが戻ってきたことに喜びを感じるとともに、「ああ、静かな時間よ、さようなら」といった気分も同時に味わっています。

 

昨日の夕方、義実家近くにある小さな公園に子供2人(上の娘が先日5歳、下の息子は先日2歳になったばかり)を連れて遊びに行った時、なかなかに肝が冷えるイベントがありました。

公園には高さ3mほどの一風変わったジャングルジムがありまして、落下防止のネットも何もなく、てっぺんに昇ってちょっとバランスを崩せばすぐに垂直落下しそうな構造なのですが。

わが子たちは何の躊躇も警戒心も無くスルスル昇っていくわけですね。

そんな子らを見あげて僕もはじめは「おーおー、頑張れ」と余裕をかましていたのですが、そのうち長男がジャングルジムのてっぺん、綱渡りの綱のような一本しか骨がない場所で、夕日をバックにヨロヨロしはじめまして。

さすがに僕も顔色が変わって、すぐさま後ろから昇って支えてほっと一息ついたのでした。

 

僕の記憶では、子どもたちはこれほどのリスクテイカーでは無かったはずです。しかし書きながら今思い出したのが、その時一緒に遊んでいた他所さまの兄弟の存在です。

彼らの親御さんとも軽くお話したのですが、彼らは公園の近くに住んでいるらしく、このちょっと危険な遊具にも慣れたもの。そしてとても運動神経が良い兄弟なので、実に容易く高いところまで登って行くのです。

今思えば、我が子らは彼らのクールな姿に触発されて、いつもよりだいぶ大胆なチャレンジをしたくなったのかもしれません。

親としては冷や汗をかきましたが、しかし冒険心はやはり持って欲しいとも思っていて、今回の子どもたちのチャレンジは総合的には好意的に見ていますし、あたらしい影響を与えてくれたあの兄弟にも感謝したいところです。

 

「感化される」という現象は、人生全般において非常に重要なファクターです。

人間には周囲の人間の行動選択や習慣、思考、振る舞いや仕草などを自身に反映させるミラーニューロンという神経構造が備わっていて、それは無意識的に、そして良きにつけ悪きにつけ、実によく働きます。

 

僕が現在ブログや写経を習慣化できつつあるのは、間違いなく、一緒に過ごす時間が長い起業家の友人・知人・先輩がたの影響でしょう。僕の主観において、彼らからの影響は非常にありがたいものです。いわば僕は「場」のポジティブな力を借りて自分を変えているようなもので、ミラーニューロンを積極的に活用している、と言えるかも知れません。

一方で、ミラーニューロンが悪い方向の変化をもたらすケースもあります。たとえば、仕事の出来ない上司の下につくと自分のパフォーマンスも低下する。アウトプットの少ないパッとしない部署に所属すると、自分までパッとしなくなる。

こんなケースもありえることでしょう。

 

ミラーニューロンの影響をどこまで見積もるかはその人次第ですが、傾向として、人間は常に周囲の人間から影響を受けていることは恐らく間違いありません。「自分自身の意識は、よく会う5人のミックスジュースである」という表現もあるくらいです。

だからこそ、一緒の時間を過ごす人間は慎重に選択すべきでしょう。

 

ところで、ここで問いかけたいのが「お客さん」という存在との関係です。僕らビジネスマンはお客さんと接することで生きているわけで、つまり彼らからも影響を受けるわけです。

特に「教える」ビジネスをしている人は、たとえば「稼げる」人が「稼げない」人に教え、「スキルがある」人が「スキルがない」人に教え、という構造になっているわけで、

ここで注目せざるを得ないのが、「お客さんと接することによって、教える側にとってマイナスな影響を受けやすい」という側面です。

こう書くと、まるで顧客をバイキンのように扱っているようで気がひけるのですが、教える側のコアスキルにとってマイナスな影響を受けやすいという側面は、教える側として意識する意義があると思っています。

 

たとえば具体例として「精神科医」という職業に注目してみましょう。

 

医者は精神疾患を抱える患者の力になるところにアイデンティティを感じて生きているわけですが、医者がミラーニューロンの存在と概念と効果を知っていた場合、医者はジレンマを感じます。

患者と接して影響を受け、心の病を発症する危険について考えるからです。もし精神疾病を抱えた患者と同質化してしまったら、医者自身までもが病んでしまいます。

こういう場合、精神科医はどうすれば良いのでしょうか。

 

実際、精神科医の方がこうした影響への対策について話しているのを耳にしたことがあって、「患者と接する時は、患者と自分の間に、水族館のような分厚いガラスが一枚横切っていて、空間が隔たっていることを意識するようにしている」のだそうです。

そして患者に何かメッセージを投げかける時は、直接患者に届けるというよりも、横たわっている壁の上空にメッセージを投げかけて、間接的に患者にメッセージを届けるように心がけているのだとか。

 

なかなか抽象的な概念で、僕らが明日からすぐに使える類のノウハウではありませんが、しかし、この考え方自体はビジネスや他の何かを教える時にも応用できる考え方ではないでしょうか。

こうした概念には、先日の記事に書いた「育てることではなく、育つ環境を整備することにコミットする」という考え方にも近いものを感じます。

 

付け加えるならば、お客とコンタクトする頻度や形式についても、サービス提供側が積極的にデザインすることが望ましいでしょう。お客の力になるため、お客と接する。しかし、ネガティブな影響は最小限に留めるよう、コンタクトの機会や距離感をコントロールする。時にはこうした心がけが必要になるかもしれません。

 

ここについては各々 考えや主張があることと思いますが、僕としては実経験を踏まえると、「いつでも連絡ください」ではなく、あえて接触機会を限定した方が、結局はお互いにとって良い結果を招くと思っています。

(顧客との関係を調整する目的はあくまで「価値を提供できる自分で在り続ける」ところにあることは、念押しさせてください)

 

どっしりとした堅牢な自我、あるいは人に翻弄されない軽やかな意識を築けているのであれば、以上で話したような心掛けは不要かもしれません。しかし、まだそこまで至れていない自覚がある方は、参考にされてみてください。

 

===================

数年前まで僕 伊藤は、鉄鋼会社に勤める生産管理エンジニアでした。

従業員数でいえば、国内企業TOP50に入る、それなりに大きい会社。
上司も同僚も良い人ばかりで、仕事も規模が大きい、やりがいある(はずの)ものでした。

でもなぜか、第一希望で入った会社に僕はなじめなくて・・・

一瞬 転職も考えたのですが、その頃すでに妻と娘がいたこともあって、
「気晴らし」でガス抜きしながら会社にとどまる道を選びました。

ガス抜きの趣味として、「商売」はじめました

僕の実家は福島県で自営業をいとなんでいます。

僕は小さい頃から店を手伝って、商売に接してきました。

だから、「自分は商売と相性が良いのではなかろうか?」
そう短絡的に考えて、会社に内緒で副業に手を出したのです。

「ヤフオク!」で部屋の不要品を売りさばくところからはじめて、
いくつかのビジネスを転々と経験・・・

いろいろ途中経過をはしょって結果だけを述べてしまうと、
僕は趣味で始めたビジネスによって、独立起業を果たすことができたのでした。

「オンライン教育ビジネス」という仕事

 

 

 

 

 

 

いま、僕は時間と場所に縛られることのない、
穏やかな暮らしを送ることができています。

もちろん、苦労もそれなりにありますが、
会社員の時にくらべて、ストレスが大幅に減ったことは確かです。

毎日自分と向き合いながら、味わいながら生きることができています。

朝起きる時間をその日の気分で決められたり(といっても自己管理は不可欠です)、
通勤の必要がなくなったり(たまに満員電車に乗ると、本当にうんざりします)、
付き合う人をある程度選べるというだけでも、

生活の質というのは相当にあがるのだということを、
僕は独立してから、しみじみと実感しています。

時間の自由がきくようになったことで、
毎朝娘を幼稚園に送っていったり、
平日に家族で出かけたりもできるようになりました。
家族にも喜んでもらえています。

僕は今、「オンライン教育ビジネス」という仕事をしています。
忙しいあなたもゼロから出来る、やりがいと発展性があるビジネスです。

基本的にはPC1台さえあれば、どこでも仕事ができます。
時間や場所の束縛はかなり緩いので、
毎日喫茶店で仕事をして、気が向いた時に武蔵関公園でリフレッシュをしています。

ビジネスって、面白いんです。

僕は今の仕事を、たいへんに気に入っています。

それは時間的・精神的に自由だからというだけではなく、
単純に、やりがいと価値があるお仕事だからです。

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

・同僚の価値観に、何年経っても馴染めないと感じたことは?
・会社の仕事に意欲がわかない自分が嫌いになったことは?
・もっと手応えのある、やりがいある仕事に憧れる?
・転職しても、会社員でいる限り状況は変わらないと思っている?
・もう結婚して家庭があるので、いまさら人生は変えられないと思っている?

もしあなたが上記の悩みのひとつにでも共感したのなら・・・

あなたには、ビジネスの「才能」が眠っています

…と僕が言ったなら、あなたは信じてくれるでしょうか?

実は、あなたが思い悩む原因となっているあなた独自の性格と気質は、
「甘え」のひとことで片付けられるものではなく、
「稀有な才能」である可能性が非常に高いのです。

その才能は「優れている」「劣っている」という軸のうえで議論できるものではなく、
「どうしようもないサガ」としか言いようが無いものです。

このマイナーな資質を持つ人の多くは、
自分の才能や可能性に気付くことなく、
道に迷い、思い悩んでいます。

あなたには、あなたに適した独自のライフスタイルがあります。
僕は自身の経験から、確信をもって断言します。

だから、もしよろしければ・・・

あなたの”正体”を確かめる旅

に出てみませんか?

…「旅」といっても、あなたは自宅から一歩も出る必要はありません。

ここに、もともと会社員やSEだった、僕や僕の知人たちが
実際にゼロから起業した経緯やストーリーをまとめた無料のメール講座があります。

登録してくれた方には特別なプレゼントもご用意しています。
すでに家庭があっても、会社で忙しくて時間がなくても。
人生はいつだって、路線変更OKです。

僕は人生を変えることができました。だから、あなたにも、できます。
講座の中であなたにお会いできることを楽しみにしています。

時間と場所に縛られない、あなたに最適なライフスタイルに興味がある方は

ここをクリックしてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 勘司

練馬区は武蔵関で、セールスコピーライターやプロモーターをしてご飯を食べています。
ゼロからセールスライターを超える長期企画「GIANT STEPS」運営中。

もともとは千葉の鉄鋼会社で生産管理エンジニアをしていましたが、副業で始めたビジネスで独立しました。

好きなものは、静かで落ち着いたところ全般。ソファーのある喫茶店とか鎌倉の報国寺とか、たまりませんね。最近は座禅とか瞑想とかにも興味あり。

苦手なものは、高いビルがある風景とか人混みとか。あと運動全般。「フットサルやろうぜ!」って声を掛けられると、いつも申し訳なさそうな顔をしてやり過ごします。