良きセールスマンは矛盾する2つの心を昇華させている。

今日はこれから9月のインド旅行について、JTBのスタッフさんとハングアウトで打ち合わせ。

一緒に旅に行くワイルドサイド部メンバーの望月さん(肌がもちもちしているので、いつももっちーと呼んでいる)からの紹介で繋いでいただいて、ツアープランを提案いただいたのだけど、「インドは危険なので、全編バスとツアーで日程を埋めたほうがよろしいかと思います」とのこと。

確かに仰るとおりなんだけど、それじゃ全然ワイルドサイドじゃないよなーと悩み中。もともと、「インドの空気って、濁った水槽の中で目を開けてるようなものらしいぜ」というどこから拾ってきたのかわからない情報を引っ張ってきて抵抗を試みる一部メンバーを説き伏せてでも旅先をインドに決めた理由からして「インドが一番ワイルドサイドだから(だって僕ら、ワイルドサイド部だし)」だったりするので、この路線はどうなのか。

ここまで書いて思ったけど、主宰の島田さんが意図するところの「ワイルドサイド」というのは「ひたすらリスクの道を行く」を意味するのでは必ずしも無いんだろうな、コミュニティにおける定義のズレ、魂のズレって大変だな、と他人事のように考えながら、あと数十分ではじまる打ち合わせを前にしてブログを書いています。

 

ここでいつものごとくまったく別の話題に飛ぶのですが、セールスの難しさというのは、矛盾する2つの心を昇華させるところにあると考えています。

いきなり何を言っているのかというと、つい昨日、僕のコンサルティングの元クライアントが自サービスのセールスにおいて、僕から見て不合理な判断を下して不利益を自ら被っている姿を目にしたのです。もう少し正確に言えば、彼のセールスのポリシーや最近の成果についてチャットで報告を受けて、「それはちょっと違うのでないか?」と思うところがあり、その旨お伝えしたところ「仰るとおり」との答えが返ってきた次第なのですが。

僕から見て違和感を感じたのは、彼の善良な人間としての心と、セールスする主体としての心のバランスというか、ベクトルのズレです。

 

僕が思うに、優れたセールスマンに共通する心構え、マインドセットとして、「矛盾する2つの心を昇華させて哲学と化している」というものがあります。

何と何の矛盾かというと、「ひとりの人間としての相手への尊敬の念」と「冷徹なビジネスとしての判断」で、この2者の関係を矛盾というとあまり正確では無いのではと思いながら今キーボードを叩いていて、要は、どちらの心も必要だし、2つのベクトルの方向性を合わせるのが大切だってことなのですが。

 

「今自分が売っている商品は、顧客にとってベストなものか?」という問いは、人間としてのセールスマンの心にたえず浮かぶものですが、同時にセールスマンは自分の商品を売っていかなければ食べていかれないわけで。

善良なセールスマンの心におけるこの葛藤というか苦しみをいかに昇華して哲学におさめるかにおいて、その人が「良き」セールスマンとなるカギがあるように思います。

 

この葛藤の苦しみは誰しもが道の途中で経験するもので、あるいは永久に付き合い続ける葛藤なのでしょうが、彼を傍から見ている僕としては「良い淘汰圧がかかってるね」とひっそりエールを送る次第ですが、

まず大切なのは「自分が為さねばならないこととは何か?」と「自分が顧客に提供できる幸福とは何か?」、そして「自分は何に対してどのように覚悟を決めるのか?」という質問に誠実に答えていくことかと思います。

輪郭が曖昧なままで臨むセールスが良い成果をもたらすことは少ないように思います。逆にいえば、セールスの改善を望む人は、まずここの質問にひとつひとつ、静かに答えていくところから始めると良いかと思います。

すべてが一本につながった瞬間、ブレイクスルーが訪れるはずです。

 

PS.

「矛盾する2」をイメージさせる写真とか無いかな、って探してみたら、先日沖縄に行った時の島田さんとふんどし部部長の「2ショット」が出てきたので、「2」つながりでいいかなと思いまして。ダメですかね?

salesmanship

===================

数年前まで僕 伊藤は、鉄鋼会社に勤める生産管理エンジニアでした。

従業員数でいえば、国内企業TOP50に入る、それなりに大きい会社。
上司も同僚も良い人ばかりで、仕事も規模が大きい、やりがいある(はずの)ものでした。

でもなぜか、第一希望で入った会社に僕はなじめなくて・・・

一瞬 転職も考えたのですが、その頃すでに妻と娘がいたこともあって、
「気晴らし」でガス抜きしながら会社にとどまる道を選びました。

ガス抜きの趣味として、「商売」はじめました

僕の実家は福島県で自営業をいとなんでいます。

僕は小さい頃から店を手伝って、商売に接してきました。

だから、「自分は商売と相性が良いのではなかろうか?」
そう短絡的に考えて、会社に内緒で副業に手を出したのです。

「ヤフオク!」で部屋の不要品を売りさばくところからはじめて、
いくつかのビジネスを転々と経験・・・

いろいろ途中経過をはしょって結果だけを述べてしまうと、
僕は趣味で始めたビジネスによって、独立起業を果たすことができたのでした。

「オンライン教育ビジネス」という仕事

 

 

 

 

 

 

いま、僕は時間と場所に縛られることのない、
穏やかな暮らしを送ることができています。

もちろん、苦労もそれなりにありますが、
会社員の時にくらべて、ストレスが大幅に減ったことは確かです。

毎日自分と向き合いながら、味わいながら生きることができています。

朝起きる時間をその日の気分で決められたり(といっても自己管理は不可欠です)、
通勤の必要がなくなったり(たまに満員電車に乗ると、本当にうんざりします)、
付き合う人をある程度選べるというだけでも、

生活の質というのは相当にあがるのだということを、
僕は独立してから、しみじみと実感しています。

時間の自由がきくようになったことで、
毎朝娘を幼稚園に送っていったり、
平日に家族で出かけたりもできるようになりました。
家族にも喜んでもらえています。

僕は今、「オンライン教育ビジネス」という仕事をしています。
忙しいあなたもゼロから出来る、やりがいと発展性があるビジネスです。

基本的にはPC1台さえあれば、どこでも仕事ができます。
時間や場所の束縛はかなり緩いので、
毎日喫茶店で仕事をして、気が向いた時に武蔵関公園でリフレッシュをしています。

ビジネスって、面白いんです。

僕は今の仕事を、たいへんに気に入っています。

それは時間的・精神的に自由だからというだけではなく、
単純に、やりがいと価値があるお仕事だからです。

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

・同僚の価値観に、何年経っても馴染めないと感じたことは?
・会社の仕事に意欲がわかない自分が嫌いになったことは?
・もっと手応えのある、やりがいある仕事に憧れる?
・転職しても、会社員でいる限り状況は変わらないと思っている?
・もう結婚して家庭があるので、いまさら人生は変えられないと思っている?

もしあなたが上記の悩みのひとつにでも共感したのなら・・・

あなたには、ビジネスの「才能」が眠っています

…と僕が言ったなら、あなたは信じてくれるでしょうか?

実は、あなたが思い悩む原因となっているあなた独自の性格と気質は、
「甘え」のひとことで片付けられるものではなく、
「稀有な才能」である可能性が非常に高いのです。

その才能は「優れている」「劣っている」という軸のうえで議論できるものではなく、
「どうしようもないサガ」としか言いようが無いものです。

このマイナーな資質を持つ人の多くは、
自分の才能や可能性に気付くことなく、
道に迷い、思い悩んでいます。

あなたには、あなたに適した独自のライフスタイルがあります。
僕は自身の経験から、確信をもって断言します。

だから、もしよろしければ・・・

あなたの”正体”を確かめる旅

に出てみませんか?

…「旅」といっても、あなたは自宅から一歩も出る必要はありません。

ここに、もともと会社員やSEだった、僕や僕の知人たちが
実際にゼロから起業した経緯やストーリーをまとめた無料のメール講座があります。

登録してくれた方には特別なプレゼントもご用意しています。
すでに家庭があっても、会社で忙しくて時間がなくても。
人生はいつだって、路線変更OKです。

僕は人生を変えることができました。だから、あなたにも、できます。
講座の中であなたにお会いできることを楽しみにしています。

時間と場所に縛られない、あなたに最適なライフスタイルに興味がある方は

ここをクリックしてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 勘司

練馬区は武蔵関で、セールスコピーライターやプロモーターをしてご飯を食べています。
ゼロからセールスライターを超える長期企画「GIANT STEPS」運営中。

もともとは千葉の鉄鋼会社で生産管理エンジニアをしていましたが、副業で始めたビジネスで独立しました。

好きなものは、静かで落ち着いたところ全般。ソファーのある喫茶店とか鎌倉の報国寺とか、たまりませんね。最近は座禅とか瞑想とかにも興味あり。

苦手なものは、高いビルがある風景とか人混みとか。あと運動全般。「フットサルやろうぜ!」って声を掛けられると、いつも申し訳なさそうな顔をしてやり過ごします。