【増補】会社員がゼロからプロのセールスコピーライターになる3ステップ【理論編】

※2016.4.6.増補

伊藤がセールスコピーライター・プロモーター・コンサルタントとして活動をはじめて2年と少々が経過しました。ベテラン風を吹かせる域にはまだまだ到達していませんが、「会社員からフリーのセールスコピーライターに転身して、継続してご飯を食べている」実例の一人として、この記事では「会社員がゼロからプロのセールスコピーライターになる手順」をお伝えします。

先日、なぜか朝の5時くらいに目が覚めたので、ふと思い立ってSEOで勝てそうなキーワードをリサーチしてみたんですが、「セールスコピーライターになる方法」を知りたいという検索需要が結構あって、しかもニーズに答えるコンテンツがほぼ皆無であることに気が付きました。

「そうかー、みんな最初の案件を取る方法を知りたがってるのか」
「そして、意外とネット上には求める答えが載ってないんだな」
と思ったので、今日はそのあたりについて書いてみようと思います。

セールスコピーライターとは?仕事内容は?

はじめに、この記事における「セールスコピーライター」をカンタンに定義します。この記事におけるセールスコピーライターは、「セールスレターのライティング請負業務を法人・個人から受注する人」とします。

「セールスレター」とは、下記の「売上をあげることを目的としたメディア」を指します。

  • WEB販売ページ(セールスレター、ランディングページ)
  • ステップメール
  • ダイレクトメール(チラシ)
  • その他、パンフレットや名刺など

実際のところ、現在の伊藤のキャッシュポイントは、単なる「請負業務」というよりも、成果報酬型のプロジェクトだったり、コンサルティング契約だったりするわけですが、全てをこの記事の中で説明しきることは出来ないので、上記のようにざっくりとくくらせてください。

定義を終えたところで、こうした存在になるための方法論の解説に移りましょう。

会社員がゼロからセールスコピーライターになる3ステップ

伊藤がセールスコピーライターとして旗揚げしたのは2014年1月末のことです。当時はメルマガ一通すら書いたことがなく、ライティングの書籍なんてのは一冊も読んだことがありませんでした。よく聞かれることなのでこれも書いておきますが、当時の伊藤の本業は「鉄鋼会社の生産管理エンジニア」であって、つまりは「コピーライティング」とは全くの無縁でした。

そんな、スキル・実績・経験・人脈のすべてがゼロの状態からであっても、3ヶ月後には法人のクライアントを複数獲得できたのだから、人生というのは案外なんとかなるものです。

そんな伊藤が実際に行ったアプローチ…すなわち、セールスコピーライティングとは無縁の会社員が、スキル・実績・経験・人脈すべてゼロの状態から3ヶ月でプロのセールスコピーライターになった3ステップがこちらです。

  1. セールスレターを構成する基礎理論を学ぶ
  2. 売り込みを愛して写経する
  3. 顧客を獲得して実践の場で腕を磨く

短期間で成果をつかみとるカギは、「いかに早くコピーライティングのコツと概要をつかみ、いかに良いレターを写経し、いかに実践の場で試行錯誤できるか」にかかっています。そこらへんを念頭に置いて頂いたうえで、各項目の解説に行ってみましょう。

※書いているうちに記事が相当長くなったので、今日は理論編に話を絞って書かせてもらいます。

ステップ1. セールスレターを構成する基礎理論を学ぶ

まず何より、セールスレターを構成する基礎的な理屈を学ぶ必要があります。何故かと問われれば、「セールスレターの構成や、レターの言葉の背景にある理論を知ることなくして、ライティングスキルを上達させることは難しい」からです。

初歩の初歩

「そもそもセールスレターがどういうものかわからない」という方は、まず、バズ部の「10倍売れるWebコピーライティング」を読んでください。薄めの本なので、通読だけなら軽く数時間で終わります。

本当に初歩の初歩からセールスコピーライティングについて学ぶのであれば、はじめの一冊はこの本がベストでしょう。「WEBコピー」と題されていますが、WEBに限らず様々なセールスレター形式に通用する、普遍的な法則を学ぶことができます。この本では、セールスレターの基本的な構成要素について、そしてそれぞれの要素に何を書いていくべきかをゼロからていねいに解説しています。

ただ、既にある程度の数のセールスレターを読んで分析した経験があり、セールスレターの基礎的な構成要素に習熟している人は、この本を買っても得るものは多くないと思います。ご自分の学習段階に合わせて判断してください。

ヘッドコピー

次に、レターで最も重要な要素といえる「ヘッドコピー」について学びましょう。

①人間心理
②実際のヘッドコピーのケーススタディ

の2面から学ぶことが望ましいでしょう。

①人間心理

セールスに特化した心理学の本では、これがベストでした。

現代広告の心理技術101

この本によって、「接種理論」や「信念のリランキング」、「所属欲求」等、セールスコピー全般に広く応用できる多くの心理概念を学ぶことが出来ます。

実際、伊藤がはじめてステップメールを書く際には、この本を読みながら21日間構成のプロモーションを書き上げて、3万円の商材を成約率21%で販売することに成功しました。セールスに関する人間心理の基本を学びたければ、まずはこの一冊をおすすめします。

②実際のヘッドコピーのケーススタディ

次に、過去 実際によく売れたセールスレターをあたってみましょう。次に挙げるロバート・コリアーとジョン・ケープルズの書籍は、数多くのテストをくぐり抜けた優秀なセールスレターを数多く収録しています。

ロバート・コリア― 伝説のコピーライティング実践バイブル―史上最も売れる言葉を生み出した男の成功事例269

ジョン・ケープルズ ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則

どちらもそれなりの値段がする分厚い本ではありますが、某大手出版社の「2日で30万円のセミナー」にお金を突っ込むくらいなら、この2冊を今すぐ買って擦り切れるほど読み込んでください。「ヘッドコピーのネタ元」として、そして「ヘッドコピーでやってはいけない失敗パターンの宝庫」として、この2冊はぜひ手元に置いてください。

本質

そして、ライティングの本質…ひいてはビジネスの本質を学ぶために、こちらの本も合わせて読んでみてください。

これだけ!プレゼンの本質

名前の通り、「プレゼン」の本です。しかしこの本には、コピーライティングにもマーケティングにも広く広く応用できるエッセンスが凝縮されています。読むたびにあたらしい発見が得られるはずです。

URLのリンク先はKindleですが、もちろん紙の書籍もあります。読書スタイルに合わせて選んでください。

その他

以上、セールスコピーライティングの理論的なバックボーンを得るための、おすすめ本のリストでした。全て、伊藤自身がバイブルとして現在進行形で読み込んでいる本です。実際には、ここで挙げた本の10倍以上の量を読んでいるわけですが、そこから吟味・厳選してお伝えしました。

ちなみに「俺は本読まないんだよ!頭痛くなるから!」という方は、音声ベースの教材もあります。

12週間コピーライティング実践プログラム

僕は購入していませんが、評判はわりと良いみたいです。(でもレターのヘッドコピーはあんまり良くない気がする…実際、反応率はどうなんだろう…)

まずは「型を踏まえる」ことを覚えよう。

以上が、会社員がゼロからプロのセールスコピーライターになる3ステップのひとつめ、「セールスレターを構成する基礎理論を学ぶ」でした。記事の最後に、ライターの先輩として、ちょっと長めのアドバイスをさせてください。

上の方で述べたことの繰り返しになってしまいますが、本当に大事なところなので念押しさせてください。

セールスライティングを上達させたければ、まずは理論を学んでください。

「理論なんか学んでも意味ないよ!」と言う人もいますが、有効に使いこなせば、こんなに強力な武器はありません。逆に、理論というバックボーンなしに無手勝流で挑んでしまうと、人によっては成長すら難しいこともあります。この点、どうか頭の片隅に置いておいてください。

そして、売れるセールスレターを書けるようになりたければ、いきなり独自性やオリジナリティを追求するのではなく、まずは「型を踏まえる」ことを意識してください。

空手などの武道と同じですね。まずは型を学んで反復することで、最も効率よく成長することが出来ます。

僕たちが書くべきは、「独特な、味のある、ユニークな」レターではなく、あくまでも「売れる」レターです。僕らの仕事は「売ること」です。極論すれば、これ以外にはありません。(まあ、キャリアを重ねていくと、単純にこうも言えなくなってくるのですが…それはともかく、)この「目的意識」を絶対に忘れないで下さい。

「売れるレター」と「面白いレター」の違い…つまりは、「クライアントに喜ばれるコピー」と「自己満足のコピー」の違いについては、上に挙げた本の中にいくらでも書いてあります。レターを書くうえで真にこだわるべきポイントやマインドセットについても、本から貪欲に吸収してみてください。

「売るための法則」は、先人たちがかなりの精度で解き明かしてくれています。僕たちは、その足跡をなぞるところから始めましょう。ご参考になれば幸いです。

次は【写経編】です。

以上が【理論編】でした。次の記事は【写経編】です。「写経」の意義と手順について説明しようと思います。

写経、ご存知ですか?もしご存じないのであれば、きっと次の記事もお役に立てると思いますよ。

ではでは、今日はこんなところで。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

※2015.6.3.追記
セールスコピーライター顧客獲得術【写経編】【顧客獲得編】は
記事ではなく、WEBセミナーにて公開しました。

★WEBセミナー動画を求める方へ
1.下記のメルマガに登録してください。
2.メルマガ登録後、メールの末尾からLINE@に登録してください。
3.LINE@登録後の自動返信メッセージで、WEBセミナー動画をお渡ししています。

加えて、「凡人のための起業論」と題した特別レポートもプレゼントしています。

 

 ↓下記のフォームにお名前とアドレスを入力して、青いボタンをクリックしてください。
 数秒後、あなたのメールボックスにメールが届きます。

メールマガジン登録フォーム

お名前
メールアドレス

 

記事について思うところをSNSでアウトプットしてみませんか?↓↓

時間と場所に縛られないライフスタイルは好きですか?

FROM : 伊藤勘司

武蔵関より愛をこめて:
CTA
メルマガ一通すら書いたことがなかった鉄鋼会社のエンジニアが、ゼロから3ヶ月でセールスコピーライターとなったストーリーを無料のメール講座で公開しています。

PC1台でどこでも仕事ができる、時間と場所に縛られないライフスタイルに興味はありますか?

ダイレクトにお客様に喜んでもらえる、やりがいある仕事の情報を仕入れたい方は、赤いボタンをクリックしてください。

1 個のコメント

  • 始めまして、
    コピーライティングについて
    検索したりしていました。

    と言っても、パソコンすら今手元に無く、文字入力程度の全く
    無知な自分ですが
    これからを切り開いて行きたいと探し廻るこの頃です。

    よろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    *

    ABOUTこの記事をかいた人

    伊藤 勘司

    練馬区は武蔵関で、セールスコピーライターやプロモーターをしてご飯を食べています。
    ゼロからセールスライターを超える長期企画「GIANT STEPS」運営中。

    もともとは千葉の鉄鋼会社で生産管理エンジニアをしていましたが、副業で始めたビジネスで独立しました。

    好きなものは、静かで落ち着いたところ全般。ソファーのある喫茶店とか鎌倉の報国寺とか、たまりませんね。最近は座禅とか瞑想とかにも興味あり。

    苦手なものは、高いビルがある風景とか人混みとか。あと運動全般。「フットサルやろうぜ!」って声を掛けられると、いつも申し訳なさそうな顔をしてやり過ごします。