【セールスコピーライターが仕事を獲るために】まっさらな状態で野にくだろうよ、という話

昨晩、メルマガ&LINE@読者限定でWEBセミナーを開催した。

セミナーのテーマは
「ゼロから3ヶ月でセールスコピーライターになる方法」

これまでの僕の案件獲得の経験から実感した
現実的な部分をいろいろとお話しさせて頂いた。

 

セールスコピーライターとして高単価の仕事を獲るためには、
「野にくだる」必要があると僕は思っている。

 

「野」とは「現場」だ。つまり、
「経営者と直に対話できる環境に身を投じるべし」
ということ。

 

というのも、
僕たちが受注を獲得するためには
「経営者の現実」を知る必要があって、

 

そして「経営者の現実」は
「現場」にしか存在しないのだから、
僕らはそこに身を投げ出して、

時折否定されたり恥をかきながらも、
食らいついて学ぶしかないのである。

そこにはキレイな法則なんてないし、
なんともやってられない気分になることも多々ある。

(僕とかは特に人間関係が得意ではないから、
 本当に「やってられない」気分になることばかりだ)

 

野にくだれば
蚊やブヨに刺されるし、
食べ物は見つからないし、
枕は固いし…

目先で美味しい思いをすることは
ほとんど無いんだけれど、

だからといってここを回避することはできない。

 

生きていればどうせいつかは、
「現実」に対峙せざるを得ない時がくるのだから、

だったら今この瞬間から、
「こちらから現実に足を運び、現実を迎え撃とうぜ」
というノリで行こうではないか。

 

これまでの指導の経験からいえば、
現実に対峙することを受け入れたなら、マネタイズは近い。

「現実と対峙することを決めた人」というのは
プロフェッショナルへの一歩目を踏み出している。

 

プロフェッショナルであるとは、
「幻想」から抜け出して「現実」を知るということ。

「幻想」は自分に矢印が向いていて、
「現実」は外側に矢印が向いている。

「妄想」や「思い込み」ではなく、
「現場の0次情報」に価値を見出して、結果につなげる人がプロフェッショナルだ。

つまり仕事のスタンスとして「真摯」ということ。

 

実際に交流会に参加してみるとわかるのだけど、
実績や経験といった目に見える指標より、
その人の内面や相性を重視して、
案件を依頼するかどうかを決める経営者が一定数存在する。

ビジネスは「何を」するかではなく
「誰と」するかで決まる、という原則論にもとづいて動いている経営者は、
特にこの傾向が強いように思う。

 

だから、プロフェッショナルとしての
「真摯な」スタンスを保持していれば、
仕事を頂くチャンスが生まれる。

 

まっさらな状態で野にくだって、
現実に対峙して、そしてプロフェッショナルに成長しよう。

これがライターが成長し、案件を獲得し、
長期的に生き残るための唯一の道だと僕は思う。

 

 

PS.

最近、自分をチューニングするために、
仕事の合間に、公園のベンチに座って空を眺める時間を取っている。

大前研一が「企業参謀」の中で書いていた、
「流れる雲の次の瞬間の形を予想することは、脳の良い体操になる」
という言葉に影響を受けて。

20150521_154743

===================

数年前まで僕 伊藤は、鉄鋼会社に勤める生産管理エンジニアでした。

従業員数でいえば、国内企業TOP50に入る、それなりに大きい会社。
上司も同僚も良い人ばかりで、仕事も規模が大きい、やりがいある(はずの)ものでした。

でもなぜか、第一希望で入った会社に僕はなじめなくて・・・

一瞬 転職も考えたのですが、その頃すでに妻と娘がいたこともあって、
「気晴らし」でガス抜きしながら会社にとどまる道を選びました。

ガス抜きの趣味として、「商売」はじめました

僕の実家は福島県で自営業をいとなんでいます。

僕は小さい頃から店を手伝って、商売に接してきました。

だから、「自分は商売と相性が良いのではなかろうか?」
そう短絡的に考えて、会社に内緒で副業に手を出したのです。

「ヤフオク!」で部屋の不要品を売りさばくところからはじめて、
いくつかのビジネスを転々と経験・・・

いろいろ途中経過をはしょって結果だけを述べてしまうと、
僕は趣味で始めたビジネスによって、独立起業を果たすことができたのでした。

「オンライン教育ビジネス」という仕事

 

 

 

 

 

 

いま、僕は時間と場所に縛られることのない、
穏やかな暮らしを送ることができています。

もちろん、苦労もそれなりにありますが、
会社員の時にくらべて、ストレスが大幅に減ったことは確かです。

毎日自分と向き合いながら、味わいながら生きることができています。

朝起きる時間をその日の気分で決められたり(といっても自己管理は不可欠です)、
通勤の必要がなくなったり(たまに満員電車に乗ると、本当にうんざりします)、
付き合う人をある程度選べるというだけでも、

生活の質というのは相当にあがるのだということを、
僕は独立してから、しみじみと実感しています。

時間の自由がきくようになったことで、
毎朝娘を幼稚園に送っていったり、
平日に家族で出かけたりもできるようになりました。
家族にも喜んでもらえています。

僕は今、「オンライン教育ビジネス」という仕事をしています。
忙しいあなたもゼロから出来る、やりがいと発展性があるビジネスです。

基本的にはPC1台さえあれば、どこでも仕事ができます。
時間や場所の束縛はかなり緩いので、
毎日喫茶店で仕事をして、気が向いた時に武蔵関公園でリフレッシュをしています。

ビジネスって、面白いんです。

僕は今の仕事を、たいへんに気に入っています。

それは時間的・精神的に自由だからというだけではなく、
単純に、やりがいと価値があるお仕事だからです。

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

・同僚の価値観に、何年経っても馴染めないと感じたことは?
・会社の仕事に意欲がわかない自分が嫌いになったことは?
・もっと手応えのある、やりがいある仕事に憧れる?
・転職しても、会社員でいる限り状況は変わらないと思っている?
・もう結婚して家庭があるので、いまさら人生は変えられないと思っている?

もしあなたが上記の悩みのひとつにでも共感したのなら・・・

あなたには、ビジネスの「才能」が眠っています

…と僕が言ったなら、あなたは信じてくれるでしょうか?

実は、あなたが思い悩む原因となっているあなた独自の性格と気質は、
「甘え」のひとことで片付けられるものではなく、
「稀有な才能」である可能性が非常に高いのです。

その才能は「優れている」「劣っている」という軸のうえで議論できるものではなく、
「どうしようもないサガ」としか言いようが無いものです。

このマイナーな資質を持つ人の多くは、
自分の才能や可能性に気付くことなく、
道に迷い、思い悩んでいます。

あなたには、あなたに適した独自のライフスタイルがあります。
僕は自身の経験から、確信をもって断言します。

だから、もしよろしければ・・・

あなたの”正体”を確かめる旅

に出てみませんか?

…「旅」といっても、あなたは自宅から一歩も出る必要はありません。

ここに、もともと会社員やSEだった、僕や僕の知人たちが
実際にゼロから起業した経緯やストーリーをまとめた無料のメール講座があります。

登録してくれた方には特別なプレゼントもご用意しています。
すでに家庭があっても、会社で忙しくて時間がなくても。
人生はいつだって、路線変更OKです。

僕は人生を変えることができました。だから、あなたにも、できます。
講座の中であなたにお会いできることを楽しみにしています。

時間と場所に縛られない、あなたに最適なライフスタイルに興味がある方は

ここをクリックしてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 勘司

練馬区は武蔵関で、セールスコピーライターやプロモーターをしてご飯を食べています。
ゼロからセールスライターを超える長期企画「GIANT STEPS」運営中。

もともとは千葉の鉄鋼会社で生産管理エンジニアをしていましたが、副業で始めたビジネスで独立しました。

好きなものは、静かで落ち着いたところ全般。ソファーのある喫茶店とか鎌倉の報国寺とか、たまりませんね。最近は座禅とか瞑想とかにも興味あり。

苦手なものは、高いビルがある風景とか人混みとか。あと運動全般。「フットサルやろうぜ!」って声を掛けられると、いつも申し訳なさそうな顔をしてやり過ごします。