こんにちは、伊藤です。 

今日はこれから、

 

 

 

 

 …というあなたのお耳にこそ入れたい話をはじめます。

 

我々が生まれる遥か以前から、百戦錬磨の商人や経営者たちは「顧客との関係」そのものである「リスト」こそが、ビジネスでもっとも大事な資産であることを知っていました。

 

(江戸時代の呉服屋が、店が火事になった時に真っ先に持ちだしたのが、現金でも呉服でもなく『顧客台帳』だった話は有名ですね)

 

ネットビジネスやネット集客で食べていきたいあなたも、これまで「利益率の高いビジネスを創ろうと思ったら、メルマガのリストを集めることが大事だよ」とアドバイスされたことがあるかと思います。

 

 

 

 

「リストを集めることで新しい見込み客との接点がつくれるし、メルマガで何度もコミュニケーションをとって商品を繰り返し販売できるからね」
「リストが増えれば増えるほど同時にアプローチできるお客さんの数が増えるから、レバレッジが利いて売上が大きくなるんだよ」
「お客さんとの信頼関係は、ビジネスを安定させる資産になる。リストの無いビジネスは永久に安定しないし、”小銭ひろい”で終わってしまうよ…」

 

こんなアドバイスを周囲からもらっている…

 

とはいえ、あなたはこう思っているかもしれません↓↓

 

 

もしこうした思いから今までリストビジネスを敬遠してきたのであれば、それは大変にもったいないことです。

 

あなただけにこっそりとお伝えしたいのですが、実は…

 

リストはほんの少しで良いんです…

 

え?小さすぎてよく聞こえない?では大きな声で…

 

 

具体的な数字でいえば、200万円くらいの売上であれば、
僕は過去に「50リスト」、「23リスト」、それから「7リスト」でそれぞれ達成したことがあります。

 

もちろん、リスト数がもっと増えれば比例して売上もそれだけ増えますから、

 

 

という可能性も見えてきます…

 

しかも僕の方法は広告費などの先行投資はゼロですし、従業員やWEBデザイナーを雇っているわけでもありません。セールスに使うコンテンツはすべてノーデザイン。WEBデザインが出来なくてもOKです。

 

実はセールスレターすら使わずにセールスしたこともありますが、それでも数百万円の売上が立ちました。

 

一方で、世の中には大量のリストを持っていてもスズメの涙ほどの利益しか生み出せない人もいます。

 

ある人が広告費を数百万円つっこんで10,000リストを集めてつくった売上よりも、僕がたった数十リストから生み出した利益の方が大きいこともありました。

 

(実際、とあるプロモーションのアフィリエイターランキングで「年収1億円の◯◯さん」を抜いたこともあります。。。)

 

どうしてわずかな数のリストから、リスト数10,000を誇るライバルを超える売上を生み出せたのでしょうか。しかも一回限りのまぐれ当たりではなく、何度も繰り返し再現性のある形で。

 

ともに同じリストビジネスを実行して、集客し、メッセージを送り、見込み客に商品を販売したはずなのに…

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、反応が取れるように、楽しみにされるように、信頼をスムーズに構築できるように、提供するコンテンツすべてに秘密があるのです。悪い言い方をすると、バレないようにこれを使っています。読んでいる人が気付かない部分で、ある仕掛けをしていたりします。

 

これは個人がゼロから強固なビジネスの基盤を作るには、おそらくインターネット上でもっとも効率の良い方法のひとつだと思います。

 

何故なら、僕はいつもほとんど同じ考え方と方法で、大量のリストを集めるパワーマーケティングを上回る結果を何度も残しているからです。

 

 

2日間だけ、あなたの時間をください。

 

この2日間であなたに、ゼロから濃い見込み客を集めて利益率の高い事業に育てる「小さくて強いリストのつくりかた」を教えます。

 

ただ単にノウハウを教えるだけではありません。あなたに実践的なスキルを身につけてもらうために、ワークショップ形式で行います。インプットしながらすぐにアウトプットすることで、理解をより深めるだけでなく、明日からすぐにあなたのビジネスで使えるようになります。

 

そして、この2日間が終わった後、あなたは…

 

読者からの信頼を勝ち取り、あなたのビジネスをブランド化し、反応の高い「濃いリスト」を育てることができるようになります:
メルマガやブログというのは技術的なことももちろんありますが、ほとんどはどうやって相手との絆をつくるか?どうやって相手との距離感を短くしていくか?という心理学的なことがメインになります。

逆に言えば、読者との関係づくりがきちんとできていれば、「いい商品がありますよ」というだけで売れるようになるのです。

では、どうすれば読者との絆をつくることができるのか?このセミナーで学ぶことで、どうやって文章を使って読者との関係を深めていくのか、どうやってあなたのビジネスをブランド化し、反応の高いリストをつくっていくのか、といったことがわかり、それを実際に使うことができるようになります。

 

ゼロから短期間で収益を生み出して起業できるようになります:
このセミナーの最大の特徴は、「ゼロから短期間で濃いリストを生み出すことに特化した講義内容」にあります。まとまった収益を生むのに百や千や万のリストは不要です。

「起業したい、でも何をすれば良いのかわからない」という方は、セミナーの内容にしたがって行動を起こしてもらって、まずは数名の見込み客さえ集めてもらえば、短期間で収益を生みながらビジネスを育てていくことができます。

 

メルマガやブログを配信することで継続的に売上をつくることができるようになります:
これはある意味当たり前の話です。価値あるメルマガをずっと配信して、読者との信頼関係が深まっていけば、当然のことながら売上はあがります。

ただし、売るまでのプロセスの中にも、その効果を最大化するためのちょっとした秘訣や、気をつけなければならないポイントなどがあります。今までメルマガを発行したことが無い人は、このノウハウに沿ってメルマガを発行すれば売上があがるでしょう。

既に発行している人も、このノウハウに沿って発行する頻度をあげれば、さらに売上があがることになるでしょう。

 

***

 

セミナー講師は僕、伊藤が務めます。メルマガを使ったビジネスモデルの作り方は熟知しているつもりです。机上の空論ではない、リアルなエピソードを交えながら、実践的なノウハウをあなたにお伝えします。

 

講師:伊藤勘司

中小・ベンチャー企業のWEBプロモーションプロジェクトにおけるプロジェクトリーダー・マーケター・セールスコピーライターとして活動。セミナーやコンサルティングを通じて、マーケティング・プランニング・セールスコピーライティングを指導。

 

セミナーの日程と場所は以下のとおりです。

 

日程:
1日目→2017年1月14日(土) 15:00-20:00(時間は前後する可能性があります)
2日目→2017年2月 4日(土) 15:00-20:00(時間は前後する可能性があります)
場所:東京都内(詳しい場所が決まり次第ご連絡します)

※参加者にはセミナーの音声or動画と資料を配布します。全日程にライブ参加できないあなたもご安心ください。

 

それでは、このセミナーではどんなことが学べるのでしょうか?

 

その一部を見てみると…

 

 

1540_32濃い見込み客をもたらす「売れるキーワード」を見つける3つの具体的な方法

「検索キーワードはマーケット(市場)である」という言葉を耳にしたことはありますか?検索文化が根づいた現代、人は「キーワード」で思考して検索行動を行います。

濃い見込み客をもたらしてくれる「売れるキーワード」をいかに特定して、ビジネスのコンセプトに設定するか?今日からできる具体的な方法を3つお伝えします。

 

1540_32ビジネスの発想を根本から覆してライバルを圧倒的に置き去りにするマインドセット

「商品を販売するのは、利益を得るためではなくお客を創るためである」とはアメリカの億万長者メーカー「ダン・ケネディ」の言葉ですが、セミナーではこの発想をさらに一歩進めて、ビジネスの新しい”目的”を提案します。

このマインドセットをもって周囲を眺めた人は、競合ひしめくレッドオーシャンが急にチャンスだらけのブルーオーシャンに見えてくるかもしれません。あるいは、「なんだ、ビジネスってこんなに自然体で良いのか」と気がつく人もいるかもしれません。

何にせよ、これからのあなたの行動に少なからず影響を与えるくらいのインパクトはあるはずです、楽しみにしていてください。

 

1540_32これをまず固めればビジネスで道に迷うことはありません。初心者がまず回答すべき2つの質問

多くの初心者が様々なノウハウに手を出しつつも、ビジネスがいっこうに形にならない大きな理由のひとつは「必然性」が無いことです。「なるほど、これこれこういう理由と根拠で自分はこのビジネスをやるべきなんだな」と深く納得できれば、あれもこれもと迷うことなく行動に移せると思いませんか。

ある2つの質問によって、高い集中力とモチベーションを同時に手にする方法をお伝えします。

 

1540_32売上とポリシーを両立させる、ごく単純だが”滅茶苦茶”効く2つのアプローチ

ビジネスを真面目にやろうとする人ほど「これをやれば売れることはわかっている。けれども、個人的な価値観にそぐわないからやりたくない」「本当はこのメッセージを伝えたいけれど、信頼関係が無い見込み客にこれを伝えても反応がとれない」というジレンマに陥ります。

この矛盾を解消して売上とやりがいを両立できるビジネスを創るための、シンプルでパワフルな2つの考え方を紹介します。

 

1540_32「売れるマーケット」と「売れるコンセプト」を簡単に識別できる2つのリスト

参入する分野をゼロから自分の頭だけで検討すると、時間とエネルギーをやたらに取られるうえに「売れないビジネス」をつくってしまうリスクさえあります。

陥りがちな基本的な過ちを避けて、最低限の条件をクリアしている分野を特定するガイドラインとなる2つのリストと、その使い方をレクチャーします。

 

1540_32とあるLP(ランディングページ)の反応率を2.5倍に跳ねさせた視点とアドバイス

最近、ビジネスパートナーの方のブログにとあるアドバイスをさせてもらったところ、ブログ訪問者のリスト登録率が”2.5倍”に跳ねました。なかなかのインパクトだと思いませんか。

もちろんパートナーの方の努力あっての成果ですが、最もインパクトがあった修正を生み出した視点をお伝えします。

LPに限らず集客全般に不可欠な視点ですが、意外に見落とされやすいポイントでもあるようです。集客をはじめる前に、ぜひ知っておいてください。

 

1540_32少年マンガから学ぶ「売れるコンテンツ」をつくる4つの切り口

とある少年マンガの大家が語った言葉を聞いて以来、コンセプトを設計する際に密かに気を配っている4つの視点をお伝えします。

個人的に、漫画は最も難易度が高い「総合芸術」だと思っていて、「面白い漫画のつくりかた」と「面白いビジネスのつくりかた」には共通する部分も多いのではないかと思っています(…まあ、単に漫画を読む口実が欲しいのもありますが)。

こういう親しみやすい業界から学ぶことでスッと入ってくる部分もあると思いますが、いかがでしょうか。

とにもかくにも、僕自身のビジネスを創るうえでも参考にしていて「使える」ことは大いに確認できている視点です、ご期待ください。

 

1540_32友人や仲間とワイワイやりながらあなた独自の価値観と主張を洗い出せる、単純明快で何度やっても飽きないワーク

実はこちらも、とある少年漫画家から拝借したワークなのですが。

漫画家という職業には一種の「徒弟制」みたいなところがあって、プロ漫画家の事務所でアシスタントをしながら修行して、編集部に漫画を持ち込んでデビューする、という流れがあります。

つまり漫画家の事務所は一種の「プロ漫画家育成道場」みたいな機能もあるわけですが、中にはえらい勢いでプロを輩出する登竜門みたいな事務所もあったりして、そこで「アシスタントが漫画家としての自分の強みを発掘するため日常的に行っているワーク」をご紹介します。

ワークと言っても「苦行」ではなくて、どちらかといえば楽しい「レク」みたいなものです。ヒントは「映画鑑賞」。きっと気に入ってもらえるかと。

 

1540_32見込み客の心のつぶやきを掴み、感情に入り込む力を高めるツールとエクササイズ

マーケターに必須な能力を養うために一番手っ取り早いこと。それは「自分自身が購入するにあたってどんな葛藤があり、何が購入の決め手になっているのかを詳しく知ること」です。

もちろんこの目標は一朝一夕では達成できないわけですが、自分自身のセンサー感度を日々高めるためのツールと、それを使ったエクササイズをお伝えします。

 

1540_32ビジネスコンセプトを見定めて磨くための3つの質問

ビジネスコンセプトとは実に厄介です。売上を大きく左右するうえ、いちど打ち出したらそうそう軌道修正できません。下手なコンセプトを打ち出そうものなら、ずっと苦しむはめになります。

何よりタチが悪いのは、自身では出色のコンセプトだと思っていても、傍目から見ると「何を言いたいのか全くわからない」ケースが散見することです。

落とし穴を避けてコンセプトをブラッシュアップできる質問をお伝えします。

 

1540_32「利益を生み出す集客」と「不毛な集客」を分かつ3条件

何故、たった7リストで10,000リストを超える利益を生み出せたのか?その秘密はムダのないピンポイント集客にあります。

セミナーでは「そもそも集客とは何なのか?」という問いからスタートして、利益を生み出す集客と「骨折り損」に終わる集客の違いを明らかにします。

 

1540_32ブログやSNSよりカンタン確実で、しかもお金をもらいながら集客できる方法とそれを実施する手順

これまで僕のコンテンツに触れたことがある人は「ああ、アレね」とピンと来たと思います。そうです、例のアレです。

ブログやSNSといったメジャーな媒体よりも簡単に実施できて、お金まで稼げて、しかもついでに言えばリサーチもラポール形成もバックエンドセールスも出来てしまう…ここまで言えば、もう気付いた方も多いと思います。

気付いた方にこっそりもう一言→これ、自分でやらなくてもいいんです…詳しい話は講義にて。

 

1540_32お手軽に集客を仕組み化する3STEP

上の方法を軌道に乗せれば、実にお手軽に集客を仕組み化できます。

僕が知る限り、もっとも効率よくマーケティングファネルをつくる方法。

 

1540_32現状、比較的高い反応がとりやすくて、かつ成約に結びつくリスト取りの導線アイデア(仮説)

現在検証中なので(仮説)とついていますが、良い結果をご報告できそうなリスト取りの導線アイデアをお伝えします。

「具体的にどのようにWEBでリストを集めれば良いのか」とお悩みの方にはイメージづくりのヒントになるかと。

 

1540_32カリスマの憂鬱?これからは”普通の人”こそリーダーとして歓迎される時代的な背景と理由。

最近、とある人とこんな話になりました。

「カリスマで知られる◯◯さん、いるでしょう?あそこのコミュニティのスタッフさんから最近たてつづけに相談があってね…」
「『どうしましょう、最近、〇〇さんに飽きたって人が増えてきてしまって…』って言うんだよね…」

マーケティングの歴史を俯瞰すると実にシンプルにわかるのですが、これからはますます「カリスマ型」リーダーよりも、「非カリスマ型」リーダーが歓迎される時代にシフトしていきます。

「自分にはカリスマ性が無いから、人を惹きつけるなんて無理なんじゃないか」
「表に立って人を引っ張っていくなんて向いていないよ」

と不安な方、おめでとうございます。これからはあなたの時代です。

これから脚光を浴びるであろう、500年前から密かに存在する「非カリスマ型のためのリーダー論」を紹介します。

 

1540_32派手な実績が無くても等身大のままできる権威のつくりかた3選

これからは「非カリスマ」の時代とはいえ、ビジネスとしてお金を払ってもらうためにはやはり一定の「権威」があった方がやりやすいのは間違いありません。

「自分には権威なんて何も無い」と思われるかもしれませんが、実は「権威」は大きな数字や実績が無くてもアプローチ次第でつくることができます。

そもそも何故セールスには権威が必要なのか?という問いからスタートして、自然体でできてセールスに結びつく権威のつくりかたを3パターンお伝えします。

 

1540_32恋愛に学ぶマーケティングの科学。実はセールスに必要なのは「深い信頼」ではない?

セールスには「顧客との信頼関係」が必要と言われますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

実は男女の恋愛において、この法則は必ずしもあてはまるわけではありません。逆に「信頼」をつくろうと頑張り過ぎた結果、単なる「良い人」で終わってしまった…という経験をした方もいることでしょう。

人間関係においてもセールスにおいても使える「人に受け入れてもらえる信頼度の適正値」の目安と、信頼以外にセールスの成約率を左右するクリティカルファクターを提示します。

「良い人」で終わりたくない人、必聴です。

 

1540_32スマホゲームに学ぶ中毒性のつくりかた

たかがゲームとバカにすることなかれ。実はスマホゲームは「習慣獲得のための行動誘導技術」という分野において工学博士がクソ真面目に研究している題材です。

電車に乗り込んでみるとスマホゲームに夢中になっている人の多さにすぐ気が付きますが、考えてみれば不思議なものです。なぜ人は、現実世界にカケラも影響をもたらすことのない無益なゲームにあれほど熱中するのか?「娯楽」の一言で片付けるにはあまりにも強烈な習慣と中毒性だと思いませんか。

「無益」なゲームにあれほどの中毒性を生み出す技術を応用して「有益」な情報を発信すれば、果たしてどれだけの中毒性を生み出せるでしょうか。すこし想像してみてください。

「小さくて強いリストビジネス」に必須の技術を学んでいただきます。

 

1540_32「ストーリーテリング」の正しい使い方と響くストーリーの5つの雛形

「セールスではストーリーを語ることが大切」と言われますが、しかし多くのブログを見ているとストーリーの使い方を根本的に誤っている人も多い…。

そもそもストーリーと一口にいっても、語るべきは「あなた自身を知ってもらうための」ストーリーでは無いのですが…

ストーリーを正しく使えば、実績が無くとも権威を高められる強力な武器となります。ストーリーの機能と役割を明らかにした上で、響きやすいストーリーの類型を5つ提示します。

 

1540_32マズローの例のピラミッドに現れない、人間の行動を支配する欲求の5類型

セールスといえば欲求、欲求といえばマズローの欲求5段階(6段階)ピラミッドですが、実はこのピラミッドが人間の欲求を網羅しているかといえばそうでもない。

というか、原著「人間性の心理学」を読むと、意外とマズローさん適当やなあ…という印象を持ったりもするのですが、それはともかく。

言われてみれば「なるほど確かに」となるけれども、セールスにきちんと活用できている人は意外と少ない欲求の5類型を解説します。

 

1540_32人はベネフィットを求めて買うのではない?「うつくしいセールス」をするために知っておいてもらいたいこと。

セールスといえばベネフィット(利益)を連想する人がほとんどでしょうが、実は最近の心理学の研究によれば「人はベネフィットでモノを買うのではない」とする研究結果が公開されていたりして、人間というのは存外、奥が深い存在のようです。

我々がなぜモノを買うのかをなるべく正しく把握することで、ベネフィットごり押しの暑苦しいセールスとは距離を置くことも出来ますし、もちろん売上もあがります。

自分のセールスの幅を広げたい人に知っておいて欲しい内容です。

 

1540_32「小さくて強いリストのつくりかた」を使って最速でマネタイズする方法

セミナーで「小さくて強いリストのつくりかた」を学んだら、ブログメディアを立ち上げて情報発信をはじめるのも良いのですが、いかんせんマネタイズまで時間がかかります。

ところが少し着眼点を変えると、やること自体はまったく同じなのにマネタイズのスピードや効率、そして確実性がグンと跳ね上がります。

あなたがこれまで投資して学んできたマーケティングの知識も同じやり方でマネタイズできるので、特に「これまでたくさん投資してきたけど、まだ回収できてないんだよ」という方には吉報となる方法をお伝えします。

 

1540_32我らが祖先の生存戦略に学ぶ僕らのマーケティング戦略

今から6500万年前、それまで地上を支配していた恐竜が滅びて、ひっそりと暮らしていた哺乳類が覇者となりました。

恐竜が滅びた理由は隕石だの氷河期だのと諸説ありますが、巨大で屈強な恐竜が滅びて、小さくて貧弱な哺乳類が支配者になり代わったという事実には、興味深いものを感じませんか。

実は、今まさに”無音のインパクト”が僕らの社会にも起こっていて、6500万年前の恐竜のように覇者として君臨してきたパワーマーケティングの時代が終わろうとしています。このタイミングだからこそ、我らが祖先である哺乳類から”次の時代のビジネス”を学ぼうではありませんか。

…ということで、生物学から学ぶマーケティングのお話をします。(難しい話では無いのでご安心を)

 

 

以上はこのセミナーでお話する内容の、ほんの一部です。

 

どうですか?あなたのビジネスに役立ちそうでしょうか?…しかし、きっとあなたは疑問に思っていることでしょう。

 

 

 

 

ご覧のとおり、これはとてもパワフルで効果的な方法です。何度も言うように、これは個人がゼロから強固なビジネスの基盤を作るには、おそらくインターネット上でもっとも効率の良い方法のひとつです。

 

だからあなたはきっと、なぜ僕がこの秘密をわざわざ公開するのか、疑問に思っているでしょう。

 

でも、理由は簡単です。単純に、このようなリストとのコミュニケーションのやり方を、きちんと教えている人がいないからです。もちろん、「メルマガで稼ぐノウハウ」を教えている人はいますよ。

 

でもきっと、ゼロからリストビジネスで豊かになりたいあなた(…と言わせてください。ここまでこの手紙を読んでくれているので!)にとって、派手で大規模なリストを前提としたノウハウは「知りたい!」と思うような内容では無いんじゃないでしょうか?

 

あなたが求めているのは、「何者でもない個人がゼロからはじめて、スピーディに収益を発生させてモチベーションを高く保ちながら、長く継続できる本質的で一生モノの技術」ではありませんか?

 

…こういった、個人がゼロから成果を出せるコンテンツを提供したらきっと喜んでもらえるのではないかと勝手に思ったことが、純粋な理由です。

 

あとは、これからは広告集客にも力を入れたいと思っていて、僕自身のリストの規模が段々と大きくなっていくと予想されるので、「小さいリストででっかい利益をつくる方法」をここらで一旦、集大成としてコンテンツにまとめたくなったというのも、公開を決めた理由のひとつです。

 

それから、きちんとしたリストを築ける人…「リストマーケター」が増えれば、それはマーケットの活性化につながり、「ビジネスパートナー候補」が増えることにもつながります。

 

これはとても嬉しいことで、だから、この秘密を公開したところで僕にとってプラスになることはあっても、マイナスになることはありません。

 

とはいえ、2年間かけて開発した大切な技術を誰彼かまわずバラまこうとは思いませんし、学ぶからにはしっかりと学んで、きちんと実践してほしいとも思っています。

 

 

 

 

そこで今回、貴重な時間とエネルギーを節約できる「地図」を渡すセミナーを開くことにしました。

 

多くの人がいまだに薄いリストを必死にかき集めて効率の悪いセールスを行い、損をしつづけています…

 

この詳細な地図を手に入れることで、

まったくの我流で試行錯誤するのと比べて、

 

– どれくらい結果に差が生まれるでしょうか?
– どれくらい成功確率はあがるでしょうか?
– どれくらい時間短縮が可能でしょうか?
– どれくらい損や失敗、回り道をするリスクが減るでしょうか?

 

この地図を手にしてもらってから、効率よくリストを集めて起業してほしいと思っています。。。

 

「小さくて強いリスト」のつくりかたを身につける2日間。今回はそれをたった30,000円で提供します。

 

 

 

 

最後にあなたにお伝えしたいこと…

 

これは甘い「儲け話」へのお誘いではなく、長期安定的に成果を得続けることができる「リストマーケター」へのお誘いです。

 

儲け話を好む「儲け話ハンター」は、『明日いくら儲かるか』が最大の関心事です。1日でいくら儲けた、とか、◯時間で◯◯◯万円儲けたとか、そんな話が大好きです。

 

彼らは常に近道を探していて、「一発逆転」思考を持っています。儲かりそうな話があればすぐに飛びつくので、エネルギーが分散して失敗のリスクは増え、いつも混乱しています。

 

一方でリストマーケターは、関心をもってくれる顧客を獲得して維持する努力こそが長期的で莫大な利益を生むことを知っています。

 

いかに資産を増やすか?そして、それによって収入を生み出せる環境を作っていくか?ということを常に考えています。日々の地味な努力の積み重ねが大きな成果をもたらすことを知っていて、一発逆転ではなく少しずつビジネスを改善できるため、失敗のリスクも少なくて済みます。

 

このセミナーでお伝えしたいのは、リストビジネスをゼロから小さくはじめて手堅くコツコツ育てる「リストマーケター」になるための技術と方法です。

 

 

 

 

僕はリストビジネスのおかげで、PC一台さえあればタイやインドに10日間旅行しても現地で仕事ができるようになりました…

 

時間や場所に縛られることも、従業員を雇って組織化する必要もありません。毎日13時には帰宅しているので、たまに帰宅が15時くらいにズレこむと2歳の息子から「パパ遅い!」と怒られるほどです…ネットのレバレッジを正しく活用すれば、自分の時間の価値を高めて、労働時間を短縮して、家族や趣味の時間に回すことも可能です。

 

想像してみて欲しいのですが、あなたが長期間、継続的に発展できるビジネスを生み出せるリストマーケターになったら、どんな未来が待っていますか?

 

その未来に魅力を感じたなら、下記の青いボタンをクリックして、セミナーへのご参加をお待ちしています。

 

セミナーに参加する!

 

 

★セミナー詳細★

セミナー名:小さくて強いリストのつくりかた

講師:伊藤勘司

日程:
1日目→2017年1月14日(土) 15:00-20:00(時間は前後する可能性があります)
2日目→2017年2月 4日(土) 15:00-20:00(時間は前後する可能性があります)
場所:東京都内(詳しい場所が決まり次第ご連絡します)
※参加者にはセミナーの音声or動画と資料を配布します。全日程にライブ参加できないあなたもご安心ください。

参加費:30,000円

 

 

 

PS.

 

以下、セミナーにお寄せいただいた推薦文です、、、ありがとうございます。

 

株式会社アイマーチャント代表取締役 菅智晃さま

 

「伊藤勘司は凄いマーケターになる!」

 

3年前に彼と初めて話した時に僕が言ったセリフです。いつしか「カンカン」と呼ばせてもらう仲に進展しました。

 

それから3年の間、僕はカンカンの「小資金×少数読者×高単価×高成約率=高利益」という実績を何度も目の当たりにしました。

 

これからビジネスを始めていく人は特に知るべき手法であり、数千万の広告費をかけても取りこぼしの多い非効率なプロダクトローンチ(※1)に四苦八苦しているくらいならカンカンの方法論を身につけて実践した方が早いし利益も大きいです。

(※1伊藤注:短期間に大きな売上をあげるマーケティング手法のひとつ。数100万円から1,000万円ほどの広告費を投じてメールアドレスを大量に集め、そこに対して大規模にネットセールスを掛けて売り上げるのが典型的なやり方。マーケターのジェフ・ウォーカーが開発)

 

実際、その実例と手法を元にしたセミナーでマーチャントクラブ(※2)で登壇してもらったのですが、

(※2伊藤注:菅さんが主催されているビジネスコミュニティです)

講義中にカンカンがパートナーを募集した時、いち早く立候補したのが主催者である僕でした。笑

 

カンカンは僕とはタイプが違う経営者だけれど小資金で大きな結果を出していくというゴールは共通しています。

 

十数年間のビジネスライフの中で、カンカンとの出会いは、僕のマーケター魂に火を付けてくれました。今、実際に結果が出ていて、現実的に活用できる武器が手に入ります。

 

カンカンは間違いなくこの武器開発のプロフェッショナル。もし誰かプロモーターを紹介してくれと誰かに言われたら伊藤勘司さんを紹介します。

 

 

菅智晃さまプロフィール

 

株式会社アイマーチャントを含む8社の会社役員を務める経営者。2003年、個人インターネットビジネス黎明期より資金3万円で独立。編集者型モデル、箱型モデル、サービス利鞘モデル、量産型会員制モデルを基軸に、独立起業の登竜門としてコンサルティングとプロデュースに従事。

 

広告費0円で1億3000万円の売上は粗利益70%。仕組み化による完全自動化で1億円の売上、常時50〜60のサービスを実質1人で運営する効率化など、ビジネスモデルの構築専門家としても活動。メイン事業は小資金戦略の第一人者として独立起業の登竜門となる顧問コンサルティング。未経験社7割の中、過半数が経営者として独立。

 

起業志望者には何度でも0から立ち上がれるマーケティングスキルの徹底周知、フリーランスを含む技術者には労働収入型からの脱却を指導。時間と収入の両面を自由にしていくライフスタイルを推奨する。

現在はライフワークを中心に、地元の店舗コンサルティングを無料実施、月1回の勉強会と交流会を全国各地で開催するクラブの設立。また、就職と起業が全ての方にとって同列の選択肢となる時代作りを目標に、セミナーや講演を開催。好きな事は起業志望者や経営者との交流。プライベートの友人も99%がビジネスで出会ったクライアントやパートナー。

 

 

 

Web集客コンサルタント 佐藤旭さま

 

非常識なリストマーケターとは伊藤さんのことです。

 

彼を知れば知るほどすごいのが「情報の裏付け方」です。行き当たりばったりで何かを行うことはなく、常に裏付けた情報を元に何通りもの道筋を考えてビジネスに取り組まれています。

 

結果は、僕が今まで見聞きしたことのない圧倒的な成約率。何千ものリストホルダーの成約率の数倍の成約率です。しかも毎回、驚くほど少ないリストで売り上げを立てています。こんな非常識なリストマーケター、少なくとも僕は伊藤さん以外 知りません。

 

仮説を立て、裏付けを取りながら徹底的に検証を重ねるスタイルは汎用性が高く、実際に僕も自身のブログのマーケティングについて伊藤さんに相談したところ、短期間でメルマガの読者登録数が3倍に跳ね上がりました。

 

伊藤さんに教わって結果が出ないのは、自分がやらなかったから…そう断言できるほど、伊藤さんの発信される情報には価値があります。

 

佐藤旭さまプロフィール

 

オウンドメディア構築コンサルタント。WordPressを使ったWeb制作に道を見出し2015年に起業。

 

運営メディア「UP Blog」:激戦区「ブログマーケティング」分野において3年間 検証サイクルを回し続けた結果、ビッグキーワード・ミドルキーワードともにSEO検索結果上位を多数獲得。

 

アドセンス広告収益のみを狙う「ブロガー型メディア」ではなく、同一ブログ上にて物販・コンテンツ販売・自社オンラインサロン販売・自社コンサルティングサービス販売を多面展開する「集客用資産メディア」の構築を個人・法人クライアントに指導。WEB経由の売上記録更新、ビッグキーワード上位獲得等の指導実績 多数。

 

妻にブログ構築を指導したところ、グルメ分野にて月間10万アクセス規模のメディアに成長し、「じゃらん」「macaroni」「Holiday」等大手メディアよりグルメレビュー記事の執筆依頼が殺到。

 

株式会社ディスカバリー2周年記念セミナー特別講師、第24回マーチャントクラブ2周年記念セミナートップ講師など、主にオウンドメディア構築をテーマとした招聘実績 多数。定期的にセミナーやワークショップを主催し、運営する経営者コミュニティには延べ100名以上が参加。

 

 

 

 

Q&A

 

Q:当日 予定が合わなくてセミナーに出席できないのですが、、、

A:申込者全員にセミナーコンテンツを配布します。

セミナー申込者には当日の資料と音声(or 動画)コンテンツを配布します。全日程に参加できない方も安心してご参加ください。

 

Q:売る商品が無い自分は、セミナーに参加するメリットはありますか?

A:はい、あります。

セミナーの中では、「小さくて強いリストのつくりかた」で学ぶマーケティングの技術を活用してゼロからスピーディにビジネスを立ち上げる方法も解説します。

 

Q:現在ブログを運営しています。セミナーに参加するメリットはありますか?

A:はい、あります。

セミナーで学ぶ技術を活用することで、ブログへのアクセスをアップしたり、ブログ訪問者のメールアドレス登録率を増やしたり、そうして獲得したリストに商品を販売することが出来るようになります。

実際、僕のビジネスパートナーにブログについてアドバイスさせてもらったところ、ブログ訪問者のメールアドレス登録率が2.5倍に増えました。セミナーではこの方法もお伝えします。

 

Q:このビジネスをしたら、毎日ブログやメルマガを書かないといけないのでしょうか?

A:そんなことはありません。

もちろん集客にブログを使うのであればそれなりに記事を書く必要がありますが、このセミナーで伝える手法では毎日ブログやメルマガを書き続ける必要はありません。実際、僕自身もメルマガの発行頻度は週一から月一といったところです。

 

 

セミナーに参加する!

 

 

 

特定商取引法の表記