【コピーライティング】あなたの中に存在するペルソナは何て言ってる?買いたいと思ってる?

昨日、ライターコンサルティングのクライアントさんからチャットで質問が来ました。

質問を要約するとこんな感じ。

セールスレターを書く時、ライターとして冷静・客観的であろうと努めているのですが、うまくいきません。どうしても主観的になってしまいます。しかし同時に、主観の中にこそ答えがあるような気もしています。

伊藤さんはこういったことで悩んだことはありますか?

 

で、チャットでの僕の回答がこちら↓

チャットワーク

(ちなみに、この書き込みを見ると、僕がコンサルティングする時のスタンスが伝わるかと、、、こんな感じです、はい、、、)

 

僕の考えとしては、レターは主観的で良いというか、むしろ「主観的でないと売れない」とすら思っています。

どうしてかというと、価値というのはそもそも「人間の感情」から生まれるものであって、つまりは「主観的かつ感情的」なもので、そしてセールスコピーライターの仕事は「読み手に価値を伝えること」だからです。

だから、セールスライターも存分に主観で語るべきなのです。

 

というか単純に、冷めたレターって、売れる気がしないじゃないですか、、、

これって何も難しい話ではなくて、例えるなら、目の前の友人に、自分がやって面白かったゲームやマンガや本を勧める時とまったく同じなのです。

友人のためを思って商品を勧める時、自然と熱が入りますよね。だって、良いモノを知ってほしいんだから。

でも同時に、だからといってテニスの修造さんみたいなテンションで終始語ったら、それはさすがにアツすぎかもしれないし、引かれるかもしれない。そうしたら、肝心の商品を手にとってもらえなくて、目的を達成できないかもしれない。

そういう時は冷静に客観的にテンションのボルテージを調節する必要はあるわけですが、やっぱりベースにあるべきは情熱だと思うのです。セールスそのものから熱を奪っちゃあいけないと思うのです。

 

友人にオススメすることと、セールスレターでモノを売るというのは、基本的にまったく同じと考えて差し支えないのです。(こう考えると思考がシンプルにまとまって、ライティングへの抵抗感が減りませんか?)

 

さらに言うと、心の底からオススメしたくなる商品じゃないと売れないし、売るべきではないわけですね。そもそも「何を売るか」の商品選定が重要なのです。

自分の中にいる客・ペルソナがビビビッと感じてホレ込むような商品をこそ、売るべきなのです。そうして語った言葉にこそ、リアリティ、臨場感、説得力が生まれるのですから。

 

ご存知と思いますが、コピーライティングにおける優先順位とは、

1.リスト(お客さんを知ること)
2.オファー(提案の内容)
3.コピー(文章、売り方)

です。

「目の前のお客さん」をきちんと見て、そして「書き手の自分の中にいるお客」も見て、そいつが「ビビビッ」とクるような、心底おすすめできる商品を情熱込めてセールスしませう。

 

ということで、今日の「しつもん」です。

Q:あなたの中に存在するペルソナは何て言ってる?その商品、買いたいと思ってる?

 

コピーライティングのシンプルな原則のお話でした。

 

PS.

上記のチャットのやり取りを交わした数時間後、「ワイルドサイドを歩こうよ」の島田さんからこんな記事が。イイタイコトは多分、わりと近いはず。これっていわゆるシンクロニシティ?

Walk on the Wild Side「恋をしろ!」

===================

数年前まで僕 伊藤は、鉄鋼会社に勤める生産管理エンジニアでした。

従業員数でいえば、国内企業TOP50に入る、それなりに大きい会社。
上司も同僚も良い人ばかりで、仕事も規模が大きい、やりがいある(はずの)ものでした。

でもなぜか、第一希望で入った会社に僕はなじめなくて・・・

一瞬 転職も考えたのですが、その頃すでに妻と娘がいたこともあって、
「気晴らし」でガス抜きしながら会社にとどまる道を選びました。

ガス抜きの趣味として、「商売」はじめました

僕の実家は福島県で自営業をいとなんでいます。

僕は小さい頃から店を手伝って、商売に接してきました。

だから、「自分は商売と相性が良いのではなかろうか?」
そう短絡的に考えて、会社に内緒で副業に手を出したのです。

「ヤフオク!」で部屋の不要品を売りさばくところからはじめて、
いくつかのビジネスを転々と経験・・・

いろいろ途中経過をはしょって結果だけを述べてしまうと、
僕は趣味で始めたビジネスによって、独立起業を果たすことができたのでした。

「オンライン教育ビジネス」という仕事

 

 

 

 

 

 

いま、僕は時間と場所に縛られることのない、
穏やかな暮らしを送ることができています。

もちろん、苦労もそれなりにありますが、
会社員の時にくらべて、ストレスが大幅に減ったことは確かです。

毎日自分と向き合いながら、味わいながら生きることができています。

朝起きる時間をその日の気分で決められたり(といっても自己管理は不可欠です)、
通勤の必要がなくなったり(たまに満員電車に乗ると、本当にうんざりします)、
付き合う人をある程度選べるというだけでも、

生活の質というのは相当にあがるのだということを、
僕は独立してから、しみじみと実感しています。

時間の自由がきくようになったことで、
毎朝娘を幼稚園に送っていったり、
平日に家族で出かけたりもできるようになりました。
家族にも喜んでもらえています。

僕は今、「オンライン教育ビジネス」という仕事をしています。
忙しいあなたもゼロから出来る、やりがいと発展性があるビジネスです。

基本的にはPC1台さえあれば、どこでも仕事ができます。
時間や場所の束縛はかなり緩いので、
毎日喫茶店で仕事をして、気が向いた時に武蔵関公園でリフレッシュをしています。

ビジネスって、面白いんです。

僕は今の仕事を、たいへんに気に入っています。

それは時間的・精神的に自由だからというだけではなく、
単純に、やりがいと価値があるお仕事だからです。

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

・同僚の価値観に、何年経っても馴染めないと感じたことは?
・会社の仕事に意欲がわかない自分が嫌いになったことは?
・もっと手応えのある、やりがいある仕事に憧れる?
・転職しても、会社員でいる限り状況は変わらないと思っている?
・もう結婚して家庭があるので、いまさら人生は変えられないと思っている?

もしあなたが上記の悩みのひとつにでも共感したのなら・・・

あなたには、ビジネスの「才能」が眠っています

…と僕が言ったなら、あなたは信じてくれるでしょうか?

実は、あなたが思い悩む原因となっているあなた独自の性格と気質は、
「甘え」のひとことで片付けられるものではなく、
「稀有な才能」である可能性が非常に高いのです。

その才能は「優れている」「劣っている」という軸のうえで議論できるものではなく、
「どうしようもないサガ」としか言いようが無いものです。

このマイナーな資質を持つ人の多くは、
自分の才能や可能性に気付くことなく、
道に迷い、思い悩んでいます。

あなたには、あなたに適した独自のライフスタイルがあります。
僕は自身の経験から、確信をもって断言します。

だから、もしよろしければ・・・

あなたの”正体”を確かめる旅

に出てみませんか?

…「旅」といっても、あなたは自宅から一歩も出る必要はありません。

ここに、もともと会社員やSEだった、僕や僕の知人たちが
実際にゼロから起業した経緯やストーリーをまとめた無料のメール講座があります。

登録してくれた方には特別なプレゼントもご用意しています。
すでに家庭があっても、会社で忙しくて時間がなくても。
人生はいつだって、路線変更OKです。

僕は人生を変えることができました。だから、あなたにも、できます。
講座の中であなたにお会いできることを楽しみにしています。

時間と場所に縛られない、あなたに最適なライフスタイルに興味がある方は

ここをクリックしてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 勘司

練馬区は武蔵関で、セールスコピーライターやプロモーターをしてご飯を食べています。
ゼロからセールスライターを超える長期企画「GIANT STEPS」運営中。

もともとは千葉の鉄鋼会社で生産管理エンジニアをしていましたが、副業で始めたビジネスで独立しました。

好きなものは、静かで落ち着いたところ全般。ソファーのある喫茶店とか鎌倉の報国寺とか、たまりませんね。最近は座禅とか瞑想とかにも興味あり。

苦手なものは、高いビルがある風景とか人混みとか。あと運動全般。「フットサルやろうぜ!」って声を掛けられると、いつも申し訳なさそうな顔をしてやり過ごします。