高円寺トークイベント、謎の肉、そして踊るリーダー。

僕の2016年12月9日は謎の肉からはじまりました、、、

20161209_125712

突如 自宅に送られてきた謎の肉。

20161209_130229

冷凍されてる謎の肉。

 

犯人はビジネスパートナーにしてブログコンサルタントの佐藤旭さんでした、、、

nikuchat

もー本当にお世話になりまくりなので
今出来ることは何だろうって考えたら
まずはお腹を満たすことだと言う結論に至りました(笑)

↑ごめんなさい、正直 理解できません、、、

仰る言葉も思考回路も凡人の僕には正直まったく理解できませんが、
肉好きで知られる佐藤さんにとってはしごく当然の行動だったようです。

細けえことはいいんだよ!ありがたくいただきます!!

 

午後は地元 武蔵関の名物祭り「関のボロ市」に家族と遊びに行きました。
夕方からは激混みですが、午後の早い時間は会社に行っている人が多めなためか、快適に楽しめました。

20161209_153801

巨大わたあめにはしゃぐ娘。

20161209_152533 20161209_152432 20161209_152343

夕方からは高円寺に移動して、トークイベントの主役であるえんまりさんや菅さん、司会を務める小川健太さん、そして出版社の皆様と合流。

とりあえず部外者の伊藤はやることないので黙々と林檎のガレット食ってました、、、

20161209_183053

「ガレットってはじめて食べるんですけど、、、どうやって食べるんですかね?」と皆に聞いたらただただやさしく微笑んでくれました。

そしてついにトークイベントが開始。

2016-1209-193459998

にこやかなえんまりさんと珍しく真剣な表情の菅さん。

2016-1209-193457884

でも菅さん、背景が背景なだけに少女漫画の大御所にしか見えませんでした、、、すいません、、、

トークイベントは一時間ほどでしたが、本当にあっという間。

話の内容はマインドの話からえんまりさんの起業ストーリーまで多岐に渡りましたが、印象的だったのはこれからの時代は例えネットビジネスといえども「個別対応」「オーダーメイド」を提供できる人が強くなる、、、という二人の見解。

これには僕も完全に同意で、これからの時代に顧客と関係を築けるのは、絶対的なカリスマではなくて、きちんと顧客一人ひとりを見ることができる人です。極論、メルマガだって全体発信ではなくて個別送信で良いくらいだと思っています。

 

先日の高城剛のイベントの記事でも書いたことだけど、現代はあまりに情報が増えすぎました。

「自分のためではない情報」に晒され過ぎた現代人が求めているのは、「きちんと自分を自分として見てくれて、尊重してくれる人」ではないかと僕は思っています。

だから、これからの時代におけるネットの役割は「接点の創出」以上でも以下でもなくて、、、

効率化やレバレッジといった強みを持つネットやITはやはり活用していくべきだけど、ネットは「コミュニケーションの省略」に使うのではなくて、「お客さんとの心地よい距離感を創りだすためのツール」として使うべきだと思うのです。

この点をわかっている人は、たとえ今現在の実績がゼロでも短期間で結果を出せるし、逆にここをきちんと理解していない人は、例え今が良くても長期的には間違いなく沈んでいきます。(既にこの兆候はいろんなところで出ていますし、そういう話もいろんな方面から入ってきます)

ちょっと難しい話になりましたが、ここらへん詳しくは1月のセミナーで解説させてもらおうかと、、、

 

で、トークイベントの後は懇親会に移動。

20161209_210851

懇親会会場の立て看板。またもや肉ですね。

肉にはじまり肉に終わる一日ってのもいいものですね。

メンバーは、わざわざ宇都宮からいらっしゃってくれた初めましての方や、過去に僕の講座やコンサルティングサービスに参加してくれた方等など。

中にはほぼ一年ぶりにお会いする方もいたんですが、皆それぞれ人生で前に進めているようで良かったです。

・料理人から月額契約のWEBライターになってしかも何故かイケメンになったMさん
・ブログ添削の法人コンサルがとれてセミナー講師の依頼が殺到しはじめたHさん
・LP作成や広告運用で広告費を溶かしまくってる(苦笑)けどもう少しで結果が出そうなMさん
・WEB制作+マーケティング+コーチングって切り口で独自性あるサービスをつくろうとしているHさん
・懇親会で東京くる前に寄った愛媛のゲストハウスの社長さんと意気投合して仕事がとれそうなTさん
・投資したマンションが来年完成するけどその後どうしようと悩んでる会社員Tさん(先日セールスレターを担当した商品がインフォトップ2位になったそうで)
・etc.

偶然にも同じイニシャルが目立ちますが、全員別の方、、、ほかにもいろいろと大きな仕事をされているって報告を頂いた気がするのですが、とりあえず覚えてる限りではこんな感じ。

皆それぞれの道を進んでいるようで、お話していて楽しかったです。

 

話は変わるのですが、

白状すると僕はかつて、コンサルティングのクライアントさんや塾の生徒さんに対して「いかに答えを与えるか」で四苦八苦して、「俺の言うとおりに行動しろ!」「なんで行動しねーんだ!」とプレッシャーをかけていた時期があったりします。

ですが今は、「別に僕が答えなんて与えなくても、みんな各自で勝手に考えて勝手に動いて勝手に結果が出るもんだ。だって脳みそ付いてんだし」と思っています。

わかっている人には当たり前すぎるコトかもしれません。が、僕はこの気づきを、数年かけて失敗しながら学びました。

 

僕がやれることっていうのは、せいぜい人生を変えたいと思っている人の前で「踊る」ことくらいじゃないかな、と思っています。

当たり前の話なのですが、僕の人生は僕の人生で、彼ら彼女らの人生は彼ら彼女らの人生なわけです。だから、どうしても踏み入れることができない領域や踏み入れないほうが良い領域というのがあるわけです。人間ひとりの影響力には限りがあるという、これもまた当たり前の話です。

僕は一時期このことを受け入れられずに人の領域に土足で踏み込んだり、その結果 上手くいかなくて勝手に絶望したりもしたのですが(相手にしてみればまったく迷惑な話です)、

今は誰に頼まれるわけでもなく勝手に、境界線を越えない場所で「俺はここで踊ってるぞ!!踊ったほうが楽しいからおめーらも踊れ!!」と言ってる感じですね。

実際に踊るかどうかは相手の自由で、そこは僕にはタッチできないこと。ただ、踊った方が人生楽しいし「踊らにゃ損損!」と僕は思っているから率先して楽しく踊り続けるし、気が向いたらいつでも境界越えて混ざってこいって感じでしょうか。

これって言ってしまえば僕の役割は「道化」なわけですが、まあ、こういう「踊るリーダー」を気取ってみるのも、久方ぶりに集って近況報告を聞けたりして、なかなか悪くないものです。

そんな呟きでした。

 

今日はこんなところで。

 

PS.

先日、気まぐれでfacebookのプロフィール写真を
ラーメン食ってる画像に変えたところ、

「コメントに何書いてもふざけてるようにしか見えない」
「ごめん、見ててイライラする」
「人生ナメてんの?ハハハ」

と大変に好評です。

罵られるほど何故か僕のテンションがあがるので、
今後しばらく公式プロフィール画像はこれで統一しようと思います。

===================

数年前まで僕 伊藤は、鉄鋼会社に勤める生産管理エンジニアでした。

従業員数でいえば、国内企業TOP50に入る、それなりに大きい会社。
上司も同僚も良い人ばかりで、仕事も規模が大きい、やりがいある(はずの)ものでした。

でもなぜか、第一希望で入った会社に僕はなじめなくて・・・

一瞬 転職も考えたのですが、その頃すでに妻と娘がいたこともあって、
「気晴らし」でガス抜きしながら会社にとどまる道を選びました。

ガス抜きの趣味として、「商売」はじめました

僕の実家は福島県で自営業をいとなんでいます。

僕は小さい頃から店を手伝って、商売に接してきました。

だから、「自分は商売と相性が良いのではなかろうか?」
そう短絡的に考えて、会社に内緒で副業に手を出したのです。

「ヤフオク!」で部屋の不要品を売りさばくところからはじめて、
いくつかのビジネスを転々と経験・・・

いろいろ途中経過をはしょって結果だけを述べてしまうと、
僕は趣味で始めたビジネスによって、独立起業を果たすことができたのでした。

「オンライン教育ビジネス」という仕事

 

 

 

 

 

 

いま、僕は時間と場所に縛られることのない、
穏やかな暮らしを送ることができています。

もちろん、苦労もそれなりにありますが、
会社員の時にくらべて、ストレスが大幅に減ったことは確かです。

毎日自分と向き合いながら、味わいながら生きることができています。

朝起きる時間をその日の気分で決められたり(といっても自己管理は不可欠です)、
通勤の必要がなくなったり(たまに満員電車に乗ると、本当にうんざりします)、
付き合う人をある程度選べるというだけでも、

生活の質というのは相当にあがるのだということを、
僕は独立してから、しみじみと実感しています。

時間の自由がきくようになったことで、
毎朝娘を幼稚園に送っていったり、
平日に家族で出かけたりもできるようになりました。
家族にも喜んでもらえています。

僕は今、「オンライン教育ビジネス」という仕事をしています。
忙しいあなたもゼロから出来る、やりがいと発展性があるビジネスです。

基本的にはPC1台さえあれば、どこでも仕事ができます。
時間や場所の束縛はかなり緩いので、
毎日喫茶店で仕事をして、気が向いた時に武蔵関公園でリフレッシュをしています。

ビジネスって、面白いんです。

僕は今の仕事を、たいへんに気に入っています。

それは時間的・精神的に自由だからというだけではなく、
単純に、やりがいと価値があるお仕事だからです。

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

・同僚の価値観に、何年経っても馴染めないと感じたことは?
・会社の仕事に意欲がわかない自分が嫌いになったことは?
・もっと手応えのある、やりがいある仕事に憧れる?
・転職しても、会社員でいる限り状況は変わらないと思っている?
・もう結婚して家庭があるので、いまさら人生は変えられないと思っている?

もしあなたが上記の悩みのひとつにでも共感したのなら・・・

あなたには、ビジネスの「才能」が眠っています

…と僕が言ったなら、あなたは信じてくれるでしょうか?

実は、あなたが思い悩む原因となっているあなた独自の性格と気質は、
「甘え」のひとことで片付けられるものではなく、
「稀有な才能」である可能性が非常に高いのです。

その才能は「優れている」「劣っている」という軸のうえで議論できるものではなく、
「どうしようもないサガ」としか言いようが無いものです。

このマイナーな資質を持つ人の多くは、
自分の才能や可能性に気付くことなく、
道に迷い、思い悩んでいます。

あなたには、あなたに適した独自のライフスタイルがあります。
僕は自身の経験から、確信をもって断言します。

だから、もしよろしければ・・・

あなたの”正体”を確かめる旅

に出てみませんか?

…「旅」といっても、あなたは自宅から一歩も出る必要はありません。

ここに、もともと会社員やSEだった、僕や僕の知人たちが
実際にゼロから起業した経緯やストーリーをまとめた無料のメール講座があります。

登録してくれた方には特別なプレゼントもご用意しています。
すでに家庭があっても、会社で忙しくて時間がなくても。
人生はいつだって、路線変更OKです。

僕は人生を変えることができました。だから、あなたにも、できます。
講座の中であなたにお会いできることを楽しみにしています。

時間と場所に縛られない、あなたに最適なライフスタイルに興味がある方は

ここをクリックしてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 勘司

練馬区は武蔵関で、セールスコピーライターやプロモーターをしてご飯を食べています。
ゼロからセールスライターを超える長期企画「GIANT STEPS」運営中。

もともとは千葉の鉄鋼会社で生産管理エンジニアをしていましたが、副業で始めたビジネスで独立しました。

好きなものは、静かで落ち着いたところ全般。ソファーのある喫茶店とか鎌倉の報国寺とか、たまりませんね。最近は座禅とか瞑想とかにも興味あり。

苦手なものは、高いビルがある風景とか人混みとか。あと運動全般。「フットサルやろうぜ!」って声を掛けられると、いつも申し訳なさそうな顔をしてやり過ごします。