エクスカリバーで刺し身を切る人たち【セールスコピーライターのビジネスモデル】

こんにちは、伊藤です。

先日はアンケートへの多数の回答
ありがとうございました。

今回のアンケートには懐かしい顔ぶれが多く、
僕が情報発信をはじめた初期から
ずっとメルマガを読んでくれている人も
ちらほらと回答してくれています。

最近は何やらシンクロニシティでも起きているのか、
以前 何かのタイミングで僕と会った、あるいは
過去に僕のところでビジネスを学んでいた人からも
たくさんコンタクトを受けています。

僕と出会った頃はまだビジネスの
ビの字も知らなかった方が今や
・企業から高単価の案件を受注したり、
・フリーのセールスコピーライターになったり、
・あるいは転職して以前よりイキイキと仕事をしている
という近況を聴くと、

「ああ、みんな前に進んでいるんだな」と嬉しく思います。

いただいた全てのメールに個別回答できるわけではありませんが、
このメールを読んで「久しぶりに連絡してやるか」と
思ってくれた方も、このメールにどしどし返信してもらえればと思います。

前回のメールで新企画の募集を
アナウンスしたわけですが、
いきなり企画の募集を始める前に、

最近はあんまりメルマガを書いていなかったこともあり、
ここらで起業やビジネスについて思うところを
まとめてアウトプットしておこうかなと思いまして、
これから数日間「プチビジネス講座」を送らせてもらいます。

ゼロからいかにしてビジネスを構築して
自分のライフスタイルを変えていけば良いのか、

というテーマに興味がある方は
これから数日間のメールを
チェックしてみてください。

他のビジネス講座ではあまり聴けないような、
全体像のお話を中心にしていきます。

読むだけで生涯年収が跳ね上がる
そんなプチ講座にするので
ご期待ください。

質問や感想も大歓迎です!
何かあればこのメールに返信ください。

それでは、行ってみましょう!

=============================
★エクスカリバーで刺し身を切る人たち
=============================

このメルマガを読んでくれている人の多くは
「セールスコピーライターとして起業したい」と
望んでいることと思います。

最近はちょっと読者さんのイメージが
僕の中で定まらなくなってきたこともあって

(ビジネス初心者向けに書いたつもりのメールに
 1億稼いでいる経営者の方が返信くれたりするので^^;)

アンケートを募って、読者さんが
どういう内容を望んでいるのか
軌道修正をはかっているのですが、

読者さんのほとんどに共通するニーズは
「セールスコピーライターとして起業したい」
というところだと思います。

あるいは、

既にセールスコピーライターとして活動を開始していて、
もっと収入を伸ばしたい、
高単価でクライアントを獲得したい、
もっと自由になりたいというニーズを
持っている人もいることでしょう。

ごくたまにこうした読者さんと
スカイプ通話や対面でお話する機会があって、
その都度「もったいないなー」と思うことがあって、
まずはそこらへんについて書こうと思います。

これは少なくとも僕が出会った人を見ていての話ですが、

多くの人はセールスコピーライターという
職業が秘めている可能性の10%も発揮できていません。

何て言えば伝わるんでしょうか。
ひとつ例え話をしましょう。

ゲームのRPGで最強の武器として
「エクスカリバー」というものがあります。

この「エクスカリバー」を手にすれば、
ボスキャラのドラゴンすら一刀両断にできる、
という伝説の武器です。

ここでちょっと想像してみてほしいんですが、

このエクスカリバーを手にした勇者が
近所のスーパーの生鮮コーナーで
刺し身を切っていたらどう思います?

「へいらっしゃい」と頭に鉢巻を締めて
エクスカリバーでまな板の上の
マグロの刺身を切っていたら…

「もったいな!」と思いません?

「せっかくエクスカリバー持ってるんだから、
 ドラゴン倒しに行きなよ!
 刺し身切ってる場合じゃないよ!」

って思いません?

これと同じようなことを、
セールスコピーライターを志す人、
あるいは既に起業している人は
やっていることが本当に多いのです。

さらに具体的に言うと、

僕が出会ったほとんど全員は
LPやセールスレター、あるいはステップメールの
請負の仕事だけで利益を生み出そうとしていたのです。

「それって当たり前じゃないの?」
「セールスコピーライターって、元々そういう仕事でしょ?」

と思われたかもしれませんが、
実はここが最大の誤解だったりします。

実は、

=========================
人のレターを書いているセールスコピーライターは
真のセールスコピーライターではないんです。
=========================

以前から僕の情報発信を読んでくれている人は
「ああ、あの話ね」と思うかもしれませんが、
まあ、しばらくお付き合いください。

最近このメルマガを読みはじめたあなたはきっと、

「え?じゃあ、
 セールスコピーライターって
 本当はどんな仕事なの?」

と思っていることでしょう。

もうメールの文字数が2,000を超えたので
サクッと結論を書きますが、

セールスコピーライターは本来、

=========================
セールスレターという自らの分身(=Salesmanship in print)を
WEB上にアップロードし続けて、
無限の富を生み出す存在
=========================

なのです。

そもそもコピーライティングの
最大の特徴であり最大の長所は、

まるで陰陽師が式神を使役するように
セールスレターという分身であり下僕を
無限に生み出すことが出来るところにあります。

これって本当に「チート(※)能力」です。

※チート=ずるい、反則

自分の代わりに文句も言わずに
24時間365日 働いてくれる存在を生み出す…
なんて能力を持つのは、世界で唯一
セールスコピーライターくらいなものです。

本来であれば、僕らはこの能力を
これ以上無いほど活用することにこそ
時間とエネルギーの全てを投下するべきなんです。

ところが、僕がこれまで出会ってきた
セールスコピーライターの99%の人は
クライアントから前金で報酬をもらってレターを書いて、
納品したら後は手元に何も残らない…

という請負の仕事をひたすら繰り返して
何とか日々をしのいでいました。

せっかくの「チート能力」を持ちながらも、
毎日朝から晩まで一生懸命働いてるのに
月収20万円とか30万円とかを行ったり来たり…

もったいなすぎます。

これって、まるでエクスカリバーで
刺し身を切っているような
ものではありませんか?

このメルマガを読んでくれているあなたも
同じように、請負の仕事で自由を
目指そうと思っているかもしれません。

実際、アンケートの回答を見ていると
「どうやってクライアントを獲得するのか」
という質問がかなり目立ちます。

ですが、これは実は「絶対にやってはいけない」ビジネスモデルなのです。

何故なら請負の仕事は時給が低く、
受注できるかどうかは運に左右されて、
しかもクライアントから粗末に扱われる可能性があるからです。

ビジネスにおける絶対の法則として、
「安いクライアントほどクレーマーになる」というものがあります。

とある広告で見かけたセールスコピーライター塾では
美容室や個人事業主からのライティング案件や
広告運用案件の受注を推奨していましたが、

ちょっと頭のなかでシミュレーションすればすぐに
「ああ、これは頑張れば頑張るほど不幸になるモデルだな」とわかります。

例えば月5万円(※)の継続契約クライアントを
6社契約して月30万円の収入となるとしましょう。

※個人の美容室では、広告費としては
 月にせいぜいこの程度が関の山でしょう。
 仮に単価が3倍でも話は変わりません。

月30万円の収入を維持するために、
6社に代わる代わるレターを提供して、

結果が出ないクライアントに
サポートを提供するのに加えて、

契約が打ち切られた時に備えて
新規のクライアントへの営業活動も
並行して行わないといけない…

これは正直、頑張れば頑張るほど
自由から遠ざかる地獄みたいなものです。

もちろん、こう言っている僕自身も、
過去には請負の仕事で暮らしていた時期があります。

僕はセールスコピーライターとして旗揚げした当初、
ネットビジネス業界のセールススキルを
実業の世界に転用することで

まったくの未経験から3ヶ月で
単価100万円前後の仕事を連続で受注しました。

その後も比較的コンスタントに受注を重ねてきたので、
しばらくはそれで暮らすことも出来ていました。

それでもなお、そのしばらく後には
疲労が溜まって倒れることになりました。

収入で見れば確かに普通のサラリーマンの数倍を稼いでましたが、
実際には毎日働きづめで、慣れない営業活動で疲弊していたのです。

倒れたことをきっかけにして僕は
「本来のセールスコピーライター」に
方針を大きく転換して今に至ります。

今となっては、あの時倒れて
本当に良かったと思います。

あそこで倒れていなかったら、
自分の方針を見直すこともなく、
今だに異業種交流会で営業活動を続けて
疲弊し続けていたのかもしれない…
そう思うとゾッとします。

============================
もしあなたが、起業して時間と場所に
縛られない暮らしを実現したいのであれば、

「自分の代わりに働いてくれる資産」=セールスレターを
WEB上に生み出すことに集中してください。
============================

「理屈はわかったけれど、
 自分に商品が無いから出来ないよ」

と思っているかもしれませんが、

アフィリエイトやJVを活用すれば
自分自身に商品が無くても
「自分のビジネス」をつくることは十分に可能です。

僕自身、ゼロから自分のための
「集客・教育・販売」の仕組みをつくってきました。

やり方さえ工夫すれば、普通に可能です。

…。

ちょっと半端ですが、

もうそろそろメールが
4,000字を超えたので
今日はここまで。

また日を改めて、
続きの講義を送ります。

あ、感想や質問があればどんどん送ってください。

いつもは送られてもなかなか
返信や回答できていないのですが、
良い質問があれば今回の講義の中で
回答したいと思います。

それでは。

記事について思うところをSNSでアウトプットしてみませんか?↓↓

時間と場所に縛られないライフスタイルは好きですか?

FROM : 伊藤勘司

武蔵関より愛をこめて:
CTA
メルマガ一通すら書いたことがなかった鉄鋼会社のエンジニアが、ゼロから3ヶ月でセールスコピーライターとなったストーリーを無料のメール講座で公開しています。

PC1台でどこでも仕事ができる、時間と場所に縛られないライフスタイルに興味はありますか?

ダイレクトにお客様に喜んでもらえる、やりがいある仕事の情報を仕入れたい方は、赤いボタンをクリックしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 勘司

練馬区は武蔵関で、セールスコピーライターやプロモーターをしてご飯を食べています。
ゼロからセールスライターを超える長期企画「GIANT STEPS」運営中。

もともとは千葉の鉄鋼会社で生産管理エンジニアをしていましたが、副業で始めたビジネスで独立しました。

好きなものは、静かで落ち着いたところ全般。ソファーのある喫茶店とか鎌倉の報国寺とか、たまりませんね。最近は座禅とか瞑想とかにも興味あり。

苦手なものは、高いビルがある風景とか人混みとか。あと運動全般。「フットサルやろうぜ!」って声を掛けられると、いつも申し訳なさそうな顔をしてやり過ごします。