自分自身の「逃げ」のクセを知れば、焦った時も大丈夫。

福岡(博多)に滞在していた頃は「博多ってなんでこんなに暑いんだろう」と思っていたものですが、いやはや帰ってきてみれば武蔵関も十分暑い。気温は同じくらいかもしれません。

しかし、自分にとっては武蔵関の方が居心地が良いのは明らかで、というのは、もちろん住み慣れているというのもあるのですが、「静けさ」という要素が大きい。

といっても、これは無音という意味ではなくて、今キーボードを打っている部屋の外から聞こえてくる鳥やセミの鳴き声、隣接する中学校のチャイムや部活動の掛け声といった「音」、そして窓から見える緑がもたらしてくれる「爽やかさ」を意味しています。やはり、自分は武蔵関という土地を気に入っているのでしょう。

 

それにしてもやはり暑いのでエアコンをつけようとしたところ、ファンがえらく汚く、カビが生えていることに気が付きまして、ついさっきまでその汚れと格闘していました。はじめはエアコンを全部解体して自力で清掃することも検討したのですが、そこに費やす時間とエネルギーを想像して早々にそれは諦めて、ネットで清掃業者に依頼して今に至ります。

 

最近、自分でやることとやらないこと、を峻別する判断スピードがあがってきた気がします。きっかけは、自分の時給を明確に設定したことでしょうか。午前中は、時給いくらいくら以上に相当する仕事しかやらない。それ以下の仕事は午後に回すか外注する。この判断を徹底するように心がけてから、色々な判断が早くなったように思います。

もっと言えば、時給を設定しているのは午前中のみ。基本的に「午前中しか働かない」というライフスタイル設計にしていて、午後は時給を設定していません。というのは、コンサルティング対応などの顧客サポートにまで時給を設定すると、どうしても損得勘定が頭に浮かんでしまい、これはクライアントさんのためにはならない。

だから午後は時給を設定せず、フリーな時間として、そこで先方から相談されればそれにおもいっきり乗る、という風にしています。午前と午後を完全にセパレートすることで、自分の中でのバランスを整えているわけです。

その分、午前の時間の使い方にはシビア。それこそ人に会うとしても、設定した時給以上の価値がある打ち合わせしか入れないことに決めています。

 

しかし、午前には重要な仕事しかしない、と豪語しておきながら、それを徹底できない時ももちろんあります。上に書いたエアコン清掃は、その最たるものです。部屋の掃除はほぼほぼ毎日やっていますが、それはあくまでも仕事の合間。ところが今回は、仕事をほっぽり出してエアコンにかまけたわけで、それはよろしくありません。掃除を通じて自分をコントロールしているのではなく、掃除に自分をコントロールされているわけですから。

やらねばならないことが目の前にあるときほど、人はその周辺にあることをしたいと思ってしまう。学生がテスト勉強の時こそ部屋の掃除が捗るのと、原理は同じです。

 

なぜ自分はさっきまで、理性では正しくないと知りつつも、エアコンと格闘していたのか。

その理由は、「今、自分は本当に重要な仕事を成せていないのではなかろうか」という焦りにあると思います。実は福岡に滞在していた時も含めてここ数日、「自分はいちばん大切にすべきことをいちばん大切に出来てないんじゃないか」という焦りを覚えているのです。

こういう時、伊藤勘司という人間は、不思議とエアコンの汚れを見つけて清掃をしたくなったり、「より効率的な仕事術」を求めて本を読みたがる脳のクセがあります。これというのは「逃げ」のシグナルなわけですが、気がつけばエアコンのフィルターを水を張ったバケツに突っ込んでいたり、いつも仕事をしているデスクに本を山積みにしていたりするわけです。

ついさっき、エアコンの清掃業者に依頼して、本をすべて別の部屋に押しやって、他にも心にひっかかるものをひとつずつ文字にリストアップしてひとつひとつ片付けて、ようやくすっきりした心持ちです。(そうそう、今の不安や悩みを文字にしてリストアップする、というのも、とても効果的な手段です)

 

焦りを健全に解消するためには「目の前にある大切な仕事をやる」しかありません。当たり前すぎて書くのも馬鹿らしいのですが、僕はいつもえらくカンタンにこの真実を忘れて、エアコンや本に逃げ込んでしまいます。

きっと、あなたにも僕と同様に、何かしら「逃げ」のクセがあると思います。そしてそのクセは、焦った時に顔を出します。

あらかじめそれを知っておくことで自身を客観的に眺めることが出来て、自分という乗り物とうまく付き合っていくことができるようになるはずです。

 

以下の質問に答えると、あなたの人生に何か良いことが起こるかもしれません。

・あなたは困難に直面した時、どんな「逃げ」をしますか?
・そのクセが顔を出した時、どんな手順で、本当に大切な仕事に取り掛かる準備を整えますか?

 

PS.

それにしても、「テスト勉強前に部屋を掃除したくなる」この現象はいったい何なのでしょうか。この現象はそもそも本当に回避すべきなのだろうか、とも思っています。今日の記事をひっくり返すようで恐縮ですが、「テスト勉強前の整理整頓」は避けられないもので、その後のテスト勉強に本当に集中するための前儀式のようにも思えて、なかなか憎めないというのが正直なところです。

 

PPS.

武蔵関に越してきてもうすぐ2年。そろそろマンションの更新ですね。

千葉で会社に務めていた頃は、平日の午前にエアコン清掃をできるとは思ってもいませんでした。人生って、存外に早いスピードで変わるものです。

武蔵関公園入り口の写真。

武蔵関公園

 

 

===================

数年前まで僕 伊藤は、鉄鋼会社に勤める生産管理エンジニアでした。

従業員数でいえば、国内企業TOP50に入る、それなりに大きい会社。
上司も同僚も良い人ばかりで、仕事も規模が大きい、やりがいある(はずの)ものでした。

でもなぜか、第一希望で入った会社に僕はなじめなくて・・・

一瞬 転職も考えたのですが、その頃すでに妻と娘がいたこともあって、
「気晴らし」でガス抜きしながら会社にとどまる道を選びました。

ガス抜きの趣味として、「商売」はじめました

僕の実家は福島県で自営業をいとなんでいます。

僕は小さい頃から店を手伝って、商売に接してきました。

だから、「自分は商売と相性が良いのではなかろうか?」
そう短絡的に考えて、会社に内緒で副業に手を出したのです。

「ヤフオク!」で部屋の不要品を売りさばくところからはじめて、
いくつかのビジネスを転々と経験・・・

いろいろ途中経過をはしょって結果だけを述べてしまうと、
僕は趣味で始めたビジネスによって、独立起業を果たすことができたのでした。

「オンライン教育ビジネス」という仕事

 

 

 

 

 

 

いま、僕は時間と場所に縛られることのない、
穏やかな暮らしを送ることができています。

もちろん、苦労もそれなりにありますが、
会社員の時にくらべて、ストレスが大幅に減ったことは確かです。

毎日自分と向き合いながら、味わいながら生きることができています。

朝起きる時間をその日の気分で決められたり(といっても自己管理は不可欠です)、
通勤の必要がなくなったり(たまに満員電車に乗ると、本当にうんざりします)、
付き合う人をある程度選べるというだけでも、

生活の質というのは相当にあがるのだということを、
僕は独立してから、しみじみと実感しています。

時間の自由がきくようになったことで、
毎朝娘を幼稚園に送っていったり、
平日に家族で出かけたりもできるようになりました。
家族にも喜んでもらえています。

僕は今、「オンライン教育ビジネス」という仕事をしています。
忙しいあなたもゼロから出来る、やりがいと発展性があるビジネスです。

基本的にはPC1台さえあれば、どこでも仕事ができます。
時間や場所の束縛はかなり緩いので、
毎日喫茶店で仕事をして、気が向いた時に武蔵関公園でリフレッシュをしています。

ビジネスって、面白いんです。

僕は今の仕事を、たいへんに気に入っています。

それは時間的・精神的に自由だからというだけではなく、
単純に、やりがいと価値があるお仕事だからです。

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

・同僚の価値観に、何年経っても馴染めないと感じたことは?
・会社の仕事に意欲がわかない自分が嫌いになったことは?
・もっと手応えのある、やりがいある仕事に憧れる?
・転職しても、会社員でいる限り状況は変わらないと思っている?
・もう結婚して家庭があるので、いまさら人生は変えられないと思っている?

もしあなたが上記の悩みのひとつにでも共感したのなら・・・

あなたには、ビジネスの「才能」が眠っています

…と僕が言ったなら、あなたは信じてくれるでしょうか?

実は、あなたが思い悩む原因となっているあなた独自の性格と気質は、
「甘え」のひとことで片付けられるものではなく、
「稀有な才能」である可能性が非常に高いのです。

その才能は「優れている」「劣っている」という軸のうえで議論できるものではなく、
「どうしようもないサガ」としか言いようが無いものです。

このマイナーな資質を持つ人の多くは、
自分の才能や可能性に気付くことなく、
道に迷い、思い悩んでいます。

あなたには、あなたに適した独自のライフスタイルがあります。
僕は自身の経験から、確信をもって断言します。

だから、もしよろしければ・・・

あなたの”正体”を確かめる旅

に出てみませんか?

…「旅」といっても、あなたは自宅から一歩も出る必要はありません。

ここに、もともと会社員やSEだった、僕や僕の知人たちが
実際にゼロから起業した経緯やストーリーをまとめた無料のメール講座があります。

登録してくれた方には特別なプレゼントもご用意しています。
すでに家庭があっても、会社で忙しくて時間がなくても。
人生はいつだって、路線変更OKです。

僕は人生を変えることができました。だから、あなたにも、できます。
講座の中であなたにお会いできることを楽しみにしています。

時間と場所に縛られない、あなたに最適なライフスタイルに興味がある方は

ここをクリックしてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 勘司

練馬区は武蔵関で、セールスコピーライターやプロモーターをしてご飯を食べています。
ゼロからセールスライターを超える長期企画「GIANT STEPS」運営中。

もともとは千葉の鉄鋼会社で生産管理エンジニアをしていましたが、副業で始めたビジネスで独立しました。

好きなものは、静かで落ち着いたところ全般。ソファーのある喫茶店とか鎌倉の報国寺とか、たまりませんね。最近は座禅とか瞑想とかにも興味あり。

苦手なものは、高いビルがある風景とか人混みとか。あと運動全般。「フットサルやろうぜ!」って声を掛けられると、いつも申し訳なさそうな顔をしてやり過ごします。