自信を高めたいなら習慣に生きると良い、、、かもしれない。

おはようございます。昨日はマーチャントクラブの菅さんご一行と福岡巡りをしたのですが、日曜の福岡というのは実に「休業」が多い。定食屋さんも、居酒屋も、離島に出ている船の発着場も、日曜日は定休日。何のバチがあたったかは知りませんが、予定していたグルメ巡りや観光地巡りの半分くらいはお流れになって、結局 海浜公園で海を見たり神社を参拝したり餃子や明太子を食べたりした後、福岡に3泊する運びとなりました。今日こそ東京に帰ります。

 

一昨日泊まったホテルが値段にまったく見合わない劣悪な…窓がなく、薄暗く、どことなく湿っていて、壁紙は剥がれお湯が出ないホテルだったので、「あのホテルを最後に東京に帰っては、福岡が嫌いになってしまう」という謎の危機感を抱いた結果、昨晩は菅さん一行が宿泊しているホテルニューオータニ博多に部屋をとりました。今、部屋のデスクでキーボードを打っています。

日曜夜の宿泊は割引料金だということを差し引いても、一昨日のホテルよりホテルニューオータニの方がお安いというのは理解ができません。

 

そういえば昨日一緒に観光した方から「旅先だと毎日の習慣は崩れないのですか?」と質問されたので、今日は習慣の話でも。

寝る時間がいつもより遅くなっている以外は旅先でも毎日の習慣をほぼほぼ崩さずに生活できていて、意外となんとかなるものだなと思っています。

僕は毎日の習慣として、朝起きたら冷水をコップ一杯のんでから目標リストとクレドを読み上げて、10分少々 写経をこなしてからミネラルウォーターもしくは前日寝る前につくった湯冷ましに良い塩を溶かした生理食塩水500mlで鼻うがいをして、その後に部屋を整理整頓したり床の雑巾がけをしたり水回りを磨いたりという流れをつくっていて、福岡に滞在している3日間、いや4日間、ずっとこの習慣を続けられています(塩は小分けのパックを持ってきています)。惜しむらくは、いつもはこの流れの途中もしくは後にグラスフェッドバターとココナッツオイルでつくった完全無欠コーヒーを飲んでいるのですが、出先ではさすがにつくれないので、スタバのコーヒーやバナナなどで代用しています。

ほかにも毎日の習慣として、寝る前の白湯飲みや日記、マンダラ手帳での一週間の振り返り(これは一週間に一回ですね)、翌日のタスクの整理、そしてこのブログ記事の執筆などもありますが、こちらもほぼほぼ滞りなく履行できています。

 

「人は一日の力を過大評価し、継続の力を過少評価する」、、、というようなことを誰かが言っていたと思うのですが、習慣を実行している身としては、この言葉は恐らく真実ではないかと信じています。いや、正確にいえば、鶏が先か卵が先かという話で、僕は上記の言葉を信奉しているからこそ、こうして毎日 (一日単位でいえばさほどのご利益は見込みにくい)習慣をコツコツ続けられているのかもしれませんが。

 

習慣を続けた結果、事実ベースで明らかに「変わってきたな」と思えることがいくつもあって、もっとも大きな変化は「日常の所作」です。

たとえばこのホテルの部屋での過ごし方ひとつとっても、以前より明らかに「整理整頓」するようになりましたし、例えば居酒屋のトイレを使う時は、使う前よりキレイに掃除してから出る、という動作を自然にこなすようになってきました(たしか出先のトイレを磨くという習慣は、ビートたけし御大に倣ってはじめた気がします)

日常すべてを以前より丁寧に、「きちんと見」ながら過ごせている感があります。これが、難しい理屈を飛び越えて、単純に気分が良いのです。

 

まあ、こうした所作の変化が具体的にどのようにご利益につながっているのかはわかりませんし、もしかしたら気分の問題というだけで実利としてはまったく無意味なのかもしれません。

が、毎日の時間の使い方を変えることで、自分自身の判断基準や行動パターンが風呂の水をすっかり入れ替えるように根底から変わるということは、実体験から自信をもってお伝えできます。

 

加えて、根拠なく感覚的にお話することを許してもらえるのであれば、習慣にもとづいた生活は、仕事や収入に対しても間違いなく良い影響をもたらしています。

これをむりくり理屈で根拠づけるならば、「自分を律せる奴はそれだけで人から信頼される」という感じでしょうか。

僕は「実在」のない人間の話には一切耳を傾けませんが、他の人もまた同様の判断傾向を持っているように感じます。実在は究極の説得力なので、「習慣を愚直にこなしているだけで、存在そのものの説得力が増す」というメリットはあるかもしれません。

あるいは筋肉を鍛えるとセルフイメージが向上するように、「自律を体現」することが自信にポジティブな影響をもたらしていて、それが仕事に良く働いている可能性もあるかもしれません。

ここらへんの現実味については、各人のご判断にお任せします。

 

そろそろ菅さんご一行が目覚める時間です。部屋のチェックアウトの時間も迫っているので、今日はこんなところで。

 

PS.

福岡市海浜公園にて、菅さん。東久留米から出ないことで有名な菅さんが福岡の海に来たという、なかなかにレアな一枚。

20160807_151220

博多の街でカメラを構える児玉ケンセイさん。この構図、好きです。

20160807_133950

住吉神社と小川健太さん。住吉神社の境内には風鈴が揺れていました。

20160807_184542

===================

数年前まで僕 伊藤は、鉄鋼会社に勤める生産管理エンジニアでした。

従業員数でいえば、国内企業TOP50に入る、それなりに大きい会社。
上司も同僚も良い人ばかりで、仕事も規模が大きい、やりがいある(はずの)ものでした。

でもなぜか、第一希望で入った会社に僕はなじめなくて・・・

一瞬 転職も考えたのですが、その頃すでに妻と娘がいたこともあって、
「気晴らし」でガス抜きしながら会社にとどまる道を選びました。

ガス抜きの趣味として、「商売」はじめました

僕の実家は福島県で自営業をいとなんでいます。

僕は小さい頃から店を手伝って、商売に接してきました。

だから、「自分は商売と相性が良いのではなかろうか?」
そう短絡的に考えて、会社に内緒で副業に手を出したのです。

「ヤフオク!」で部屋の不要品を売りさばくところからはじめて、
いくつかのビジネスを転々と経験・・・

いろいろ途中経過をはしょって結果だけを述べてしまうと、
僕は趣味で始めたビジネスによって、独立起業を果たすことができたのでした。

「オンライン教育ビジネス」という仕事

 

 

 

 

 

 

いま、僕は時間と場所に縛られることのない、
穏やかな暮らしを送ることができています。

もちろん、苦労もそれなりにありますが、
会社員の時にくらべて、ストレスが大幅に減ったことは確かです。

毎日自分と向き合いながら、味わいながら生きることができています。

朝起きる時間をその日の気分で決められたり(といっても自己管理は不可欠です)、
通勤の必要がなくなったり(たまに満員電車に乗ると、本当にうんざりします)、
付き合う人をある程度選べるというだけでも、

生活の質というのは相当にあがるのだということを、
僕は独立してから、しみじみと実感しています。

時間の自由がきくようになったことで、
毎朝娘を幼稚園に送っていったり、
平日に家族で出かけたりもできるようになりました。
家族にも喜んでもらえています。

僕は今、「オンライン教育ビジネス」という仕事をしています。
忙しいあなたもゼロから出来る、やりがいと発展性があるビジネスです。

基本的にはPC1台さえあれば、どこでも仕事ができます。
時間や場所の束縛はかなり緩いので、
毎日喫茶店で仕事をして、気が向いた時に武蔵関公園でリフレッシュをしています。

ビジネスって、面白いんです。

僕は今の仕事を、たいへんに気に入っています。

それは時間的・精神的に自由だからというだけではなく、
単純に、やりがいと価値があるお仕事だからです。

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

・同僚の価値観に、何年経っても馴染めないと感じたことは?
・会社の仕事に意欲がわかない自分が嫌いになったことは?
・もっと手応えのある、やりがいある仕事に憧れる?
・転職しても、会社員でいる限り状況は変わらないと思っている?
・もう結婚して家庭があるので、いまさら人生は変えられないと思っている?

もしあなたが上記の悩みのひとつにでも共感したのなら・・・

あなたには、ビジネスの「才能」が眠っています

…と僕が言ったなら、あなたは信じてくれるでしょうか?

実は、あなたが思い悩む原因となっているあなた独自の性格と気質は、
「甘え」のひとことで片付けられるものではなく、
「稀有な才能」である可能性が非常に高いのです。

その才能は「優れている」「劣っている」という軸のうえで議論できるものではなく、
「どうしようもないサガ」としか言いようが無いものです。

このマイナーな資質を持つ人の多くは、
自分の才能や可能性に気付くことなく、
道に迷い、思い悩んでいます。

あなたには、あなたに適した独自のライフスタイルがあります。
僕は自身の経験から、確信をもって断言します。

だから、もしよろしければ・・・

あなたの”正体”を確かめる旅

に出てみませんか?

…「旅」といっても、あなたは自宅から一歩も出る必要はありません。

ここに、もともと会社員やSEだった、僕や僕の知人たちが
実際にゼロから起業した経緯やストーリーをまとめた無料のメール講座があります。

登録してくれた方には特別なプレゼントもご用意しています。
すでに家庭があっても、会社で忙しくて時間がなくても。
人生はいつだって、路線変更OKです。

僕は人生を変えることができました。だから、あなたにも、できます。
講座の中であなたにお会いできることを楽しみにしています。

時間と場所に縛られない、あなたに最適なライフスタイルに興味がある方は

ここをクリックしてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 勘司

練馬区は武蔵関で、セールスコピーライターやプロモーターをしてご飯を食べています。
ゼロからセールスライターを超える長期企画「GIANT STEPS」運営中。

もともとは千葉の鉄鋼会社で生産管理エンジニアをしていましたが、副業で始めたビジネスで独立しました。

好きなものは、静かで落ち着いたところ全般。ソファーのある喫茶店とか鎌倉の報国寺とか、たまりませんね。最近は座禅とか瞑想とかにも興味あり。

苦手なものは、高いビルがある風景とか人混みとか。あと運動全般。「フットサルやろうぜ!」って声を掛けられると、いつも申し訳なさそうな顔をしてやり過ごします。