ゼロからコンテンツを創り出して無限の可能性を掴み取る方法

こんにちは、伊藤です。

この後 顧問コンサルティングのクライアントさんと通話して
セールスレターをたくさん添削しないといけないので
今日もざーっとメルマガ書かせてもらいます!

前回のメルマガにもたくさん反応頂きました!

メールで返信もらったり
LINE@でコメントもらったり…

いま個別に返信させてもらってるんですが、
いただいた声や感想に対する回答を軽くシェアします。

まず既に実業やBtoBされてる方々から
共感のコメントをいただいているんですが、

実業×アップロードという
組み合わせを今から研究しておくと、

その道の専門家としてのトップポジションを
取ることも普通に可能なのでおすすめです。

例えば僕の知人は
レシピSNSをマーケティングするクライアントに
反応率の高いFacebook広告動画の作り方を
高額の報酬をもらいながら教えています。

彼は「反応が高いレシピ動画コンテンツ」という
ニッチ分野に特化することで(まあレシピ以外にもやってるかもですが)
自分の専門領域を確立させていたりします。

自分で実業をやっていたり
あるいは実業をしている会社と
つながりを持っている人は
コンテンツメイキングを極めると
その能力自体でマネタイズすることも
可能になるのでおすすめです。

それとビジネス初心者の方からも

「なかなか質の高い
 コンテンツがつくれないけど
 どうしたら良いか」

といった質問を数通いただきました。

僕からは
「まずはひたすらアップロードしてください」
と回答させてください。

どうしてかというと、
「コンテンツが完璧になるまでつくりこむ」という路線は
初心者のうちはあまりおすすめしないからです。

初心者のうちは何が本当に「響く」コンテンツなのかわからないものです。

「正しい方向性」が見えてない状態でつくりこもうと頑張っても、
「判断軸」や「基準」が無いために、
悩む割にはあんまり前進しない傾向があるのです。

だから、悶々と悩んで足が鈍るよりかは、
「5分迷ったらアップロード」的な自分ルールを設けて
まずはどんどんアップロードしていくのがおすすめです。

そうやって量稽古をこなして
量質転換の法則で自分のレベルアップを狙うとともに、

コンテンツに対する反応を観察して、
自分の感性と世間のニーズのズレを肌で学んでいくと、

マーケターとしての直観が磨かれていって
その直観があなたの市場価値になったりします。

あるいは、「ひたすら素材収集からはじめる」のもおすすめです。

既に世の中には優れたコンテンツが沢山溢れているのだから、
それらから「良いコンテンツとは何ぞや」を学ぶのです。

そうするといつの間にか、
自分自身がコンテンツメイカーとして
レベルアップ出来てしまうのです。

例えば僕の場合だと、SNSやブログを見る時に
良さげなWEB広告があったら片っ端からクリックして
EvernoteというメモアプリやGmailフォルダに
広告やLP(ランディングページ)を
保存していくようにしています。

気に入ったプロモーションはメルマガに登録して、
ステップメールを分析したり実際に商品を購入したり
あるいは問い合わせの電話をしてクロージングトークを体験します。

(この前は某デザイナー養成スクールのプロモーションに登録して、
 向こうからフォローの電話が掛かってきた時に逆に
 「実際どれくらい反応あります?」とか質問してましたw)

僕は普段からこうしてリサーチしていて
そろそろ数年経つので
今ちょっと確認してみたらEvernoteだけで

・LP 355枚
・セールスレター 489枚
・WEB広告画像 147枚

のデータがあって、

これらの他にGmailフォルダには
気に入ったメルマガを写経用として
数百本ストックしていたり、

(以前はこうした集めた
 メルマガスワイプを写経して、
 ノート数冊分くらいぎっしり埋めました)

あとはDropboxのフォルダの中に
広告のスクリーンショットが
これまた数百枚くらいストックしてあります。

他にもこれは鉄板ですが、
オフラインのDMとか
タクシーの後部座席のパンフレット(美容外科とダイエットが多いw)
とかも気がついたら手にとって持ち帰って
クリアファイルに保存したりもしています。

これだけ数稽古をこなしているので、
今やクライアントからライティングや
プロモーションについて相談されると

「ああ、それは◯◯のプロモーションのレターを
 スワイプファイル(参考)にするといいですよ」

なんてアドバイスがパッと数秒で
出てくるようになりました。

広告をストックするだけじゃなくて
良さげなレターやLPは分析しながら
写経もしているので
だいたい流れや構成が頭に入っていて、

クライアントの商品の特徴を聞くと
頭の中で自動検索がかかって
パッとアイデアが出てくるのです。

(このメールを書いた後に
 レターの添削をするクライアントにも
 実際こうしてアドバイスしています)

こうした能力を高めた結果、最近では
紹介で法人さんからWEBマーケティングの
顧問に就任してくれないかという
オファーをされることも増えてきました。

ということで
「コンテンツがつくれない!」という悩みのある人は
普段から広告やコンテンツを見かけたら
片っ端から保存するのがおすすめです。

世の中のコンテンツを網羅していくと、
その知識だけでも富を生むことが出来ます。

例えるなら、

美術館で美術品を沢山見たり
美味しいラーメンを食べ歩くうちに
自分なりのこだわりや美意識が養われて、

美術論評をブログで発表するようになって
それが誰かの目に止まって美術の評論家になったり、

あるいは「理想のラーメンが無いから自分でつくる」と
自分で至高のラーメン屋をつくるようになるようなものです。

(確かそんな流れで店を開いて今や大繁盛している
 モツ鍋屋の話がどこかであったような…)

僕のコンサルティングのクライアントさんには、
どこかの喫茶店や飲食店に入って良さそうな内装や
メニューの盛り付け、あるいは看板を見たら
いつも写真に撮って保存する、という人がいます。

彼は将来飲食店を開く夢があって、
優れたデザインのストックを増やしているのだそうです。

彼はきっと将来良いお店をつくることでしょう。

まあとにかく伝えたいのは、
自分の工夫や習慣次第で

自分の頭脳の価値を高めるという行為は
ゼロからでも全然できるってことです。

僕はこれまで、
ゼロから既存の素材を集めて加工することで
価値と利益を生み出すということを繰り返してきました。

今こうしてメルマガに書いていることだって、
先人の残してくれた書籍などの知恵を
僕自身が咀嚼して得た思考フレームワークから生まれています。

価値はゼロからいくらでも創り出せるんです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これって、「希望」じゃないですか?

昨日も書きましたが、現代という時代は
誰でも主役になれる時代なんです。

「自分の人生なんてこんなもん」なんて
下向いている場合じゃなくて、

せっかく無限の可能性に恵まれた時代に
生まれたんだから、そいつを掴みに行くべきなんです。

「アイデアのつくりかた」と言う本に

「素材の状態で悶々と悩んでも良いアイデアは出てこない」

というニュアンスの教えが書いてありましたが、

ビジネスで人生を変えたくても
中々きっかけが掴めなくて悶々としている人は、
「悶々としているから悶々としている」人が多いように思います。

悶々とし続けるよりも、
小さくても良いから素材を集めて
自分の思考を高めることをおすすめします。

Youtube、Facebook、Twitter…
なんでもいいんですが、

きっとほとんどの人は、
毎日これらのチャンネルで
沢山のコンテンツを目にしたり
消費したりしているはずです。

あと一歩先に足を進めて、
その「消費行動」を「コレクション」に高めて、
そのコレクションから自分だけの価値を生み出すことを
目指してみるのも悪くないと思いますよ。

一歩踏み出すだけです。
それだけで人生が変わります。

…ということで、
コンサルの時間が迫ってきたので、

今日のメルマガは
本来予定していた本題に入ること無く
前フリのつもりで書くつもりだったテーマで
終わろうと思いますw

まあ、コンテンツ作成に慣れると
どんなテーマからであっても
無限にコンテンツを生み出せるようになるんですよ、
っていう実例を示せたということで

今日は〆させてくださいませ。

次のメルマガでは
今日話そうと思っていた

「アップロードから爆発的な利益を生み出す方法」

を伝えようと思います。

お楽しみに。

あ!いつもの通り
感想もお待ちしていますね。

LINE@に登録してくれている人は
LINE@でコメント返すのが
気軽でいい感じかもしれません。

まだLINE@に登録してないよって方は
このメルマガのフッターから登録できます。

登録記念プレゼントもあるので
よろしければ。

それでは、また。

===================

数年前まで僕 伊藤は、鉄鋼会社に勤める生産管理エンジニアでした。

従業員数でいえば、国内企業TOP50に入る、それなりに大きい会社。
上司も同僚も良い人ばかりで、仕事も規模が大きい、やりがいある(はずの)ものでした。

でもなぜか、第一希望で入った会社に僕はなじめなくて・・・

一瞬 転職も考えたのですが、その頃すでに妻と娘がいたこともあって、
「気晴らし」でガス抜きしながら会社にとどまる道を選びました。

ガス抜きの趣味として、「商売」はじめました

僕の実家は福島県で自営業をいとなんでいます。

僕は小さい頃から店を手伝って、商売に接してきました。

だから、「自分は商売と相性が良いのではなかろうか?」
そう短絡的に考えて、会社に内緒で副業に手を出したのです。

「ヤフオク!」で部屋の不要品を売りさばくところからはじめて、
いくつかのビジネスを転々と経験・・・

いろいろ途中経過をはしょって結果だけを述べてしまうと、
僕は趣味で始めたビジネスによって、独立起業を果たすことができたのでした。

「オンライン教育ビジネス」という仕事

 

 

 

 

 

 

いま、僕は時間と場所に縛られることのない、
穏やかな暮らしを送ることができています。

もちろん、苦労もそれなりにありますが、
会社員の時にくらべて、ストレスが大幅に減ったことは確かです。

毎日自分と向き合いながら、味わいながら生きることができています。

朝起きる時間をその日の気分で決められたり(といっても自己管理は不可欠です)、
通勤の必要がなくなったり(たまに満員電車に乗ると、本当にうんざりします)、
付き合う人をある程度選べるというだけでも、

生活の質というのは相当にあがるのだということを、
僕は独立してから、しみじみと実感しています。

時間の自由がきくようになったことで、
毎朝娘を幼稚園に送っていったり、
平日に家族で出かけたりもできるようになりました。
家族にも喜んでもらえています。

僕は今、「オンライン教育ビジネス」という仕事をしています。
忙しいあなたもゼロから出来る、やりがいと発展性があるビジネスです。

基本的にはPC1台さえあれば、どこでも仕事ができます。
時間や場所の束縛はかなり緩いので、
毎日喫茶店で仕事をして、気が向いた時に武蔵関公園でリフレッシュをしています。

ビジネスって、面白いんです。

僕は今の仕事を、たいへんに気に入っています。

それは時間的・精神的に自由だからというだけではなく、
単純に、やりがいと価値があるお仕事だからです。

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

・同僚の価値観に、何年経っても馴染めないと感じたことは?
・会社の仕事に意欲がわかない自分が嫌いになったことは?
・もっと手応えのある、やりがいある仕事に憧れる?
・転職しても、会社員でいる限り状況は変わらないと思っている?
・もう結婚して家庭があるので、いまさら人生は変えられないと思っている?

もしあなたが上記の悩みのひとつにでも共感したのなら・・・

あなたには、ビジネスの「才能」が眠っています

…と僕が言ったなら、あなたは信じてくれるでしょうか?

実は、あなたが思い悩む原因となっているあなた独自の性格と気質は、
「甘え」のひとことで片付けられるものではなく、
「稀有な才能」である可能性が非常に高いのです。

その才能は「優れている」「劣っている」という軸のうえで議論できるものではなく、
「どうしようもないサガ」としか言いようが無いものです。

このマイナーな資質を持つ人の多くは、
自分の才能や可能性に気付くことなく、
道に迷い、思い悩んでいます。

あなたには、あなたに適した独自のライフスタイルがあります。
僕は自身の経験から、確信をもって断言します。

だから、もしよろしければ・・・

あなたの”正体”を確かめる旅

に出てみませんか?

…「旅」といっても、あなたは自宅から一歩も出る必要はありません。

ここに、もともと会社員やSEだった、僕や僕の知人たちが
実際にゼロから起業した経緯やストーリーをまとめた無料のメール講座があります。

登録してくれた方には特別なプレゼントもご用意しています。
すでに家庭があっても、会社で忙しくて時間がなくても。
人生はいつだって、路線変更OKです。

僕は人生を変えることができました。だから、あなたにも、できます。
講座の中であなたにお会いできることを楽しみにしています。

時間と場所に縛られない、あなたに最適なライフスタイルに興味がある方は

ここをクリックしてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 勘司

練馬区は武蔵関で、セールスコピーライターやプロモーターをしてご飯を食べています。
ゼロからセールスライターを超える長期企画「GIANT STEPS」運営中。

もともとは千葉の鉄鋼会社で生産管理エンジニアをしていましたが、副業で始めたビジネスで独立しました。

好きなものは、静かで落ち着いたところ全般。ソファーのある喫茶店とか鎌倉の報国寺とか、たまりませんね。最近は座禅とか瞑想とかにも興味あり。

苦手なものは、高いビルがある風景とか人混みとか。あと運動全般。「フットサルやろうぜ!」って声を掛けられると、いつも申し訳なさそうな顔をしてやり過ごします。