良いコンセプトは実在から出ずる。

あたらしく立ち上がったプロジェクトの打ち合わせで池袋に来ています。

いきなり全然関係ない話から入りますが、長女の幼稚園が長い夏休みに突入したということで、少し前から妻と長女、長男が揃って実家の宮城に帰省しています。最近は毎日のように、プール遊びをする子どもたちの写真が送られてきて微笑ましいのですが、こうなると妻に任せっきりにしてきた家事と洗濯に向き合わなければなりません。

今朝 御嶽山合宿の残タスクである動画編集の残りや資料のアップロードを片付けた後に洗濯やアイロンがけを久しぶりにやったのですが、これが意外と悪くない。フローリングのひだまりの中で先日購入したばかりのシャツのシワを丁寧にのばしていると、えも言われぬ神聖な気分になってきて、心までが洗われるようでした。

 

最近、週2か週3くらいで部屋の整理整頓をして、フローリングに掃除機をかけ、さらに雑巾がけをして、そのうえトイレや水回りを磨くという習慣が定着してきたのですが、掃除というのは実に良いものです。目の前のものを無心で磨くという行為は人を謙虚にしてくれますね。午前いっぱいを掃除に費やしても、時間を無駄にした感じは少しも無くて、逆に「良い時間の使い方ができた」とすっきりした気持ちです。

もちろん実際のところは掃除の合間にもタスクをこなすというか、タスクの合間に掃除をこなすといった感じなのですが、最近は自分の中で「休む」という概念が再定義されてきているのを感じます。先日の記事でも書きましたが、従来 僕にとっての「休む」とは「何もしない」「寝る」といった具合だったのが、最近の「休む」はむしろ「動く」「別の仕事をする」といったところでしょうか。

 

さて、冒頭の打ち合わせ。

このプロジェクトというのがプロデュースでして、既に情報発信をしてきた方のコンセプトを一新して求心力を増すお手伝いをしています。

僕はこれまでコンセプトメイキングのスキルで稼いできた感が強いので、つまりこの仕事は得意分野ということになります。だからこそ、今日一日であたらしい情報発信コンセプトを打ち立てるつもりで池袋に来たのですが、まあ、そうカンタンには行きませんね。やはりコンセプトというのは、じっくり取り組むもののようです。

コンセプトメイキングに関しては、自分なりの蓄積やノウハウがありますから、それを逐次パートナーに共有しながら、ウンウン唸りながら言葉に落とし込んでもらっています。

個人的にコンセプトメイクで重要だと思っているのは、「読み手の頭のなかにどんなイメージを投影したいか?」という問いです。結局、コンセプトの役割というのは、それを目にした一瞬のうちに読み手に特定の五感を呼び覚ますことにあるわけですから、コンセプトというのはその目的意識に基づいたものでなくてはいけない、と個人的に考えています。

 

今日だけで完全なコンセプトはできそうにはありませんが、と言って「じゃあまた次あつまって考えよう」とするつもりはありません。今日考えられるところまで考えて、仮コンセプトを設定してとりあえず走りだす。あとは走りながらブラッシュアップしていく予定です。

コンセプトに関しては、完全なものが出来るまでそこに留まる、という行動パターンで上手いこと成果につながった試しがありません。何故かといえば、良いコンセプトは実在の中にこそあるからです。

セールスコピーライターという仕事は「言葉を操る職業」ですから、即ち「虚業」と断じられることがままあります。実際、賢者舎の今井先生にも「言葉の人にはなるなよ」と言われたことがあります。しかし思うのは、結局のところ良いコンセプト、良いコピーというのは、泥臭いリサーチ、顔と顔を合わせる調査の先にしか生まれた試しがない。

つまり、僕に言わせれば、コンセプト、そしてコピーは実在のものなのです。

だからこそ、はじめに仮でもいいからコンセプトを定めて、まずは走りだすところから始めるのです。スピードが遅い奴は、置き去りにされてしまいますから。

 

PS.

実在、といえば、個人的に思い出すのがハービー・ハンコックの「Actual Proof」

===================

数年前まで僕 伊藤は、鉄鋼会社に勤める生産管理エンジニアでした。

従業員数でいえば、国内企業TOP50に入る、それなりに大きい会社。
上司も同僚も良い人ばかりで、仕事も規模が大きい、やりがいある(はずの)ものでした。

でもなぜか、第一希望で入った会社に僕はなじめなくて・・・

一瞬 転職も考えたのですが、その頃すでに妻と娘がいたこともあって、
「気晴らし」でガス抜きしながら会社にとどまる道を選びました。

ガス抜きの趣味として、「商売」はじめました

僕の実家は福島県で自営業をいとなんでいます。

僕は小さい頃から店を手伝って、商売に接してきました。

だから、「自分は商売と相性が良いのではなかろうか?」
そう短絡的に考えて、会社に内緒で副業に手を出したのです。

「ヤフオク!」で部屋の不要品を売りさばくところからはじめて、
いくつかのビジネスを転々と経験・・・

いろいろ途中経過をはしょって結果だけを述べてしまうと、
僕は趣味で始めたビジネスによって、独立起業を果たすことができたのでした。

「オンライン教育ビジネス」という仕事

 

 

 

 

 

 

いま、僕は時間と場所に縛られることのない、
穏やかな暮らしを送ることができています。

もちろん、苦労もそれなりにありますが、
会社員の時にくらべて、ストレスが大幅に減ったことは確かです。

毎日自分と向き合いながら、味わいながら生きることができています。

朝起きる時間をその日の気分で決められたり(といっても自己管理は不可欠です)、
通勤の必要がなくなったり(たまに満員電車に乗ると、本当にうんざりします)、
付き合う人をある程度選べるというだけでも、

生活の質というのは相当にあがるのだということを、
僕は独立してから、しみじみと実感しています。

時間の自由がきくようになったことで、
毎朝娘を幼稚園に送っていったり、
平日に家族で出かけたりもできるようになりました。
家族にも喜んでもらえています。

僕は今、「オンライン教育ビジネス」という仕事をしています。
忙しいあなたもゼロから出来る、やりがいと発展性があるビジネスです。

基本的にはPC1台さえあれば、どこでも仕事ができます。
時間や場所の束縛はかなり緩いので、
毎日喫茶店で仕事をして、気が向いた時に武蔵関公園でリフレッシュをしています。

ビジネスって、面白いんです。

僕は今の仕事を、たいへんに気に入っています。

それは時間的・精神的に自由だからというだけではなく、
単純に、やりがいと価値があるお仕事だからです。

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

・同僚の価値観に、何年経っても馴染めないと感じたことは?
・会社の仕事に意欲がわかない自分が嫌いになったことは?
・もっと手応えのある、やりがいある仕事に憧れる?
・転職しても、会社員でいる限り状況は変わらないと思っている?
・もう結婚して家庭があるので、いまさら人生は変えられないと思っている?

もしあなたが上記の悩みのひとつにでも共感したのなら・・・

あなたには、ビジネスの「才能」が眠っています

…と僕が言ったなら、あなたは信じてくれるでしょうか?

実は、あなたが思い悩む原因となっているあなた独自の性格と気質は、
「甘え」のひとことで片付けられるものではなく、
「稀有な才能」である可能性が非常に高いのです。

その才能は「優れている」「劣っている」という軸のうえで議論できるものではなく、
「どうしようもないサガ」としか言いようが無いものです。

このマイナーな資質を持つ人の多くは、
自分の才能や可能性に気付くことなく、
道に迷い、思い悩んでいます。

あなたには、あなたに適した独自のライフスタイルがあります。
僕は自身の経験から、確信をもって断言します。

だから、もしよろしければ・・・

あなたの”正体”を確かめる旅

に出てみませんか?

…「旅」といっても、あなたは自宅から一歩も出る必要はありません。

ここに、もともと会社員やSEだった、僕や僕の知人たちが
実際にゼロから起業した経緯やストーリーをまとめた無料のメール講座があります。

登録してくれた方には特別なプレゼントもご用意しています。
すでに家庭があっても、会社で忙しくて時間がなくても。
人生はいつだって、路線変更OKです。

僕は人生を変えることができました。だから、あなたにも、できます。
講座の中であなたにお会いできることを楽しみにしています。

時間と場所に縛られない、あなたに最適なライフスタイルに興味がある方は

ここをクリックしてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 勘司

練馬区は武蔵関で、セールスコピーライターやプロモーターをしてご飯を食べています。
ゼロからセールスライターを超える長期企画「GIANT STEPS」運営中。

もともとは千葉の鉄鋼会社で生産管理エンジニアをしていましたが、副業で始めたビジネスで独立しました。

好きなものは、静かで落ち着いたところ全般。ソファーのある喫茶店とか鎌倉の報国寺とか、たまりませんね。最近は座禅とか瞑想とかにも興味あり。

苦手なものは、高いビルがある風景とか人混みとか。あと運動全般。「フットサルやろうぜ!」って声を掛けられると、いつも申し訳なさそうな顔をしてやり過ごします。