【Brain Trust】現役プロモーターも即決参加【インタビュー音声】

以下は長期講座Brain Trustの「先行案内メルマガ」にて配信したメルマガバックナンバーです。
講座の一般公開に伴い、ブログにもアップします。

***

こんばんは、伊藤です。

本日2通目ですが、

今日の午後、
募集開始1分で講座への参加を表明してくれた
「Tさん」にインタビューさせてもらいました。

※前回ご紹介したR.T.さんとは別の方です。

インタビュー音声を公開します。
16分ほどの短い音声です。

参加を前のめりに検討している方はご参考までにどうぞ。

↓  ↓  ↓

★【音声】Brain Trust即決参加者「Tさん」インタビュー

※音量にご注意ください。

今回ご紹介するTさんは
10/26 21:00の募集開始とほぼ同時に
最上級Leader コースへの参加を表明してくれました。

Tさんは一年ほど前からプロモーターとして活動していて、
飲食店を中心に、現在案件を7件ほど抱えています。

実際、インタビュー直後のチャットのやりとりで

>これから新しく知り合った不動産屋さんに
>挨拶がてら行ってきます。
>もうさっそくディスカッションしたいところです笑

>個人的には3ヶ月で80万+成果報酬の案件を2件取ることが目標です笑

という声を寄せてくれています。

Brain Trust 講座カリキュラムの中に
「実案件 臨時WEBセミナー」がありますが、

Tさん曰く
「案件は複数あるので、これらの展開について早く相談したい」
とのこと。

彼のおかげで講座スタート直後から
早速アツいディスカッションができそうです。

彼は一年ほど前からプロモーターとして活動してきて、
最近「伸び悩み」を強く感じていたそうです。

そのタイミングで僕の最近のブログ記事を読んで
「マーケティング(DRM)」の重要性に気付いて
「自分に足りないのはこれだ!」と直感を感じて、

決して安くはない最上級コースへの参加を
即決してくれたようです。

実は、こういう理由で
Brain Trust への参加を決めてくれた
現役のライターやプロモーターの方が
すでに複数名いらっしゃいます。

Tさんと同時進行で
プロモーターの別の女性からも
講座への参加について相談を受けていたのですが、
彼女もまったく同じ部分で悩んでいました。

「参加したいけど講座を学ぶ時間があるかどうか」と悩む
彼女の相談にチャットで乗っていたのですが、
最後に僕はこう問いかけました。

>というか、書いてる内に思ったんだけど、
>実は話はシンプルじゃない?

>今のままで〇〇さん、
プロモーターとしてクライアントにまっとうに価値を提供できてる

>・答えがYESならそのままで良いと思うし、
>・答えがNOであれば、時間どうこうじゃなくて、

>DRM学ばないと先に進めないんじゃないの?

この問いかけをする直前、
彼女はチャットにこう書いていました。

>プロなら「きちんと」理解していなければならない。
>自分でもあやふやなものを、案件受注などしてはいけないと思う。私は誠実でありたい。
>もちろんハッタリかますのも時に必要。でも、それは本来的には私のポリシーに反している。
>それにかますのだって、素地があるからできるわけで、現状素地なしの私はハッタリすらかませない。

これが全てだと思います。

現在あなたは、ライターもしくはプロモーターとして
クライアントにまっとうに価値を提供できていますか?

答えがYESであればそのままでOKです。
このメルマガを解除して、案件をとってください。

ですが、もし現在そうでなければ、

時間があろうと無かろうと、お金があろうと無かろうと、
あなたは「マーケティングを学ばなければ先に進めない」状態です。

これ、「極論」とか「恣意的な主張」とかだと思いますか?

僕は先日の記事でこう書きました。

「どう売れば良いのか根拠を持って説明できない
 ライターやプロモーターは、そもそもお話にならない」と。

何故なら、「価値が無い」からです。

いいですか。

大切なことなので3回繰り返しますが、

「価値」をつくってから「価値」を売る。
「価値」をつくってから「価値」を売る。
「価値」をつくってから「価値」を売る。

これが大原則です。
この順番は絶対に間違えてはならない。

「価値」をつくってから「価値」を売る。
「価値」をつくってから「価値」を売る。
「価値」をつくってから「価値」を売る。

本当に大事な大原則なので
また3回繰り返しましたが、

僕はこれまでずっと同じことをお伝えしてきました。

マーケティングを学ぶことで「価値」が生まれて
自信と説得力と根拠がある「提案」ができて
単なる請負業者を脱して単価の高い「契約」がとれて
クライアントにきっちりと「成果」を提供して貢献できる。

逆にマーケティングの技術がなければ、
「提案」も「契約」も「成果」もありません。

だって「価値」が無いから。

現在あなたは、ライターもしくはプロモーターとして
クライアントにまっとうに価値を提供できていますか?

今回、一ヶ月という時間を費やして
一貫してこうしたメッセージを発信してきた結果
共感してくれる人が現れてくれて、

例えばR.T.さんやTさんとはまた別の、
そして上記のチャットで相談してくれた方とも別に、

フリーライターとして10年活動してきた方が
「自分のやってきたことの根拠を改めて学びたい」
といって参加を即決表明してくれたりするわけです。

とても嬉しいことです。

講座への参加を前のめりに検討されている方は
Tさんへのインタビュー音声をご参考にされてみてください。

短い音声の中で、
僕も講座への思いをいろいろ語っています。

↓  ↓  ↓

★【音声】Brain Trust即決参加者「Tさん」インタビュー

※音量にご注意ください。

***

伊藤が過去 実際に高額案件を連続で獲った時の行動パターンを
ステップバイステップのテンプレートに落とし込むことで、
初心者でも「あなたの提案を断る理由がありません」と
経営者に言ってもらえる冴えた提案をつくるイメージが得られる
クライアント獲得特化型ビギナーズプラン、

経営者への提案に自信と説得力を生み出す
マーケティングの全体観とケーススタディをじっくり頭に叩き込め
DRM集中講義と基本教材、そして実例解析ワーク、

同じ志のメンバーと交流・議論できる
ディスカッションやディベートワーク、チャット環境、

講義の内容をメルマガで追学習することで
学んだ知識を確実に定着できて、忙しくてもスキマ時間で学べる
双方向型のメール通信講座、

抽象的なマーケティング思考と具体的なライティングを
同時並行で学ぶことで「人を惹きつける文章」の書き方を効率的に学び
セールスコピーライター最大の武器である仕組み化の技術を身につける
自動化・ステップメール講義、

メンバーが現在進行形で取り組んでいる案件をオンラインで議論し
自分事としてイメージトレーニングできる臨時WEBセミナー、

本人は自覚しづらく、コンテンツでもフォローしきれない
無数の小さなつまづきを個別アドバイスで取り除く
グループコーチング、

カリキュラムの消化とともに出てくるメンバーの要望を
柔軟に汲みとって応える臨時イベント…

特典を合わせればまだまだあるわけですが、
これだけの知識を着実に学べれば
「人生変わらないはずがない」と思いませんか?

コンテンツで埋め尽くして「偽りの満腹」にするのではなく、
この膨大な知識をきっちり消化してもらって人生を変えてもらうために

脳科学に基づいた効率的な学習カリキュラムをご用意して、
一年間みっちりお付き合いする準備が整いました。

あなたが潜在意識レベルから変わるための
ここにしかない環境のすべてが

明日の24:00を迎えた瞬間に永久に失われる
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ことに注意してください。

↓ ↓ ↓

★Brain Trust

PS.

==========================
「まだ疑問や不安があります」という方へ。(相談受付)
==========================

希望されるのであれば、
電話やスカイプ、もしくはメールやチャットで
募集終了まで【24時間いつでも何時間でも】ご相談に乗ります。

僕は胸を張ってこの講座をおすすめします。
だからこそ、

「講座で目指す方向に共感しているし興味もある」
「けれど、まだ疑問や不安があります」

という方には、

先行案内メルマガに登録してくれて
講座に興味をもってくださったからこそ、

僕が答えられることであれば
何でもお答えさせていただきたいと思っています。

通話では決して押し売りはしないことを誓います。
質問にお答えする形でご相談に乗ります。

通話相談に興味がある方は
下記のフォームから必要事項を記入のうえ
申請いただければ即座にお返事します。

お気軽にご利用ください。

↓ ↓ ↓

★相談フォーム

匿名のアンケートフォームもあります。ご活用ください。

↓ ↓ ↓

★匿名フォーム

===================

数年前まで僕 伊藤は、鉄鋼会社に勤める生産管理エンジニアでした。

従業員数でいえば、国内企業TOP50に入る、それなりに大きい会社。
上司も同僚も良い人ばかりで、仕事も規模が大きい、やりがいある(はずの)ものでした。

でもなぜか、第一希望で入った会社に僕はなじめなくて・・・

一瞬 転職も考えたのですが、その頃すでに妻と娘がいたこともあって、
「気晴らし」でガス抜きしながら会社にとどまる道を選びました。

ガス抜きの趣味として、「商売」はじめました

僕の実家は福島県で自営業をいとなんでいます。

僕は小さい頃から店を手伝って、商売に接してきました。

だから、「自分は商売と相性が良いのではなかろうか?」
そう短絡的に考えて、会社に内緒で副業に手を出したのです。

「ヤフオク!」で部屋の不要品を売りさばくところからはじめて、
いくつかのビジネスを転々と経験・・・

いろいろ途中経過をはしょって結果だけを述べてしまうと、
僕は趣味で始めたビジネスによって、独立起業を果たすことができたのでした。

「オンライン教育ビジネス」という仕事

 

 

 

 

 

 

いま、僕は時間と場所に縛られることのない、
穏やかな暮らしを送ることができています。

もちろん、苦労もそれなりにありますが、
会社員の時にくらべて、ストレスが大幅に減ったことは確かです。

毎日自分と向き合いながら、味わいながら生きることができています。

朝起きる時間をその日の気分で決められたり(といっても自己管理は不可欠です)、
通勤の必要がなくなったり(たまに満員電車に乗ると、本当にうんざりします)、
付き合う人をある程度選べるというだけでも、

生活の質というのは相当にあがるのだということを、
僕は独立してから、しみじみと実感しています。

時間の自由がきくようになったことで、
毎朝娘を幼稚園に送っていったり、
平日に家族で出かけたりもできるようになりました。
家族にも喜んでもらえています。

僕は今、「オンライン教育ビジネス」という仕事をしています。
忙しいあなたもゼロから出来る、やりがいと発展性があるビジネスです。

基本的にはPC1台さえあれば、どこでも仕事ができます。
時間や場所の束縛はかなり緩いので、
毎日喫茶店で仕事をして、気が向いた時に武蔵関公園でリフレッシュをしています。

ビジネスって、面白いんです。

僕は今の仕事を、たいへんに気に入っています。

それは時間的・精神的に自由だからというだけではなく、
単純に、やりがいと価値があるお仕事だからです。

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

・同僚の価値観に、何年経っても馴染めないと感じたことは?
・会社の仕事に意欲がわかない自分が嫌いになったことは?
・もっと手応えのある、やりがいある仕事に憧れる?
・転職しても、会社員でいる限り状況は変わらないと思っている?
・もう結婚して家庭があるので、いまさら人生は変えられないと思っている?

もしあなたが上記の悩みのひとつにでも共感したのなら・・・

あなたには、ビジネスの「才能」が眠っています

…と僕が言ったなら、あなたは信じてくれるでしょうか?

実は、あなたが思い悩む原因となっているあなた独自の性格と気質は、
「甘え」のひとことで片付けられるものではなく、
「稀有な才能」である可能性が非常に高いのです。

その才能は「優れている」「劣っている」という軸のうえで議論できるものではなく、
「どうしようもないサガ」としか言いようが無いものです。

このマイナーな資質を持つ人の多くは、
自分の才能や可能性に気付くことなく、
道に迷い、思い悩んでいます。

あなたには、あなたに適した独自のライフスタイルがあります。
僕は自身の経験から、確信をもって断言します。

だから、もしよろしければ・・・

あなたの”正体”を確かめる旅

に出てみませんか?

…「旅」といっても、あなたは自宅から一歩も出る必要はありません。

ここに、もともと会社員やSEだった、僕や僕の知人たちが
実際にゼロから起業した経緯やストーリーをまとめた無料のメール講座があります。

登録してくれた方には特別なプレゼントもご用意しています。
すでに家庭があっても、会社で忙しくて時間がなくても。
人生はいつだって、路線変更OKです。

僕は人生を変えることができました。だから、あなたにも、できます。
講座の中であなたにお会いできることを楽しみにしています。

時間と場所に縛られない、あなたに最適なライフスタイルに興味がある方は

ここをクリックしてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 勘司

練馬区は武蔵関で、セールスコピーライターやプロモーターをしてご飯を食べています。
ゼロからセールスライターを超える長期企画「GIANT STEPS」運営中。

もともとは千葉の鉄鋼会社で生産管理エンジニアをしていましたが、副業で始めたビジネスで独立しました。

好きなものは、静かで落ち着いたところ全般。ソファーのある喫茶店とか鎌倉の報国寺とか、たまりませんね。最近は座禅とか瞑想とかにも興味あり。

苦手なものは、高いビルがある風景とか人混みとか。あと運動全般。「フットサルやろうぜ!」って声を掛けられると、いつも申し訳なさそうな顔をしてやり過ごします。